当ブログはアフィリエイト広告を含みます

激安ミニコーヒースケールが使える件

今日はプライムデーでゲットしたコーヒースケールを紹介します。

プライムデーの商品はちょっと賭けでもあります。リサーチができなかったり、時間との勝負だったり、当たりハズレがあるため、高度な精神が要求されますが、

ひろ

結論:当たりでした。これめっちゃ使ってます

今使ってます。いきなりレギュラーです。

重さと時間だけのシンプル機能ですが、それが欲しかったんですよ。

シンプル機能の安くてコンパクトなやつ。が欲しかったんですよ。

プライムデー価格で1640円でゲットしました!

通常価格でも2050円なので、全然安い部類ですね。

というので、もうほぼ出オチでこれ以上の情報はないんですが。

コーヒースケール検討中の方は使用感とかサイズ感とか見たいと思います。

コーヒーバカが使えるっていうならって方はこちらからポチってください。

目次

特徴

説明書が英語ですね。何となくのニュアンスはとれますし、使用には問題なかったのでいいでしょう。と思ったら、アマゾンからメールが来ました。出品店から日本語説明のメッセージきてるぞと。
サマルと

●0.1g単位計量(0.1g~1000g)
●バックライト付
●5分操作なしでオートオフ機能
●平らなところで使え
●断熱マット付属
●防水ではない

電源はハリオのコーヒースケール同様、単4電池2本使用ですね。
フタと一体型になってますね。珍しいポータブル仕様ですね。

ドリップしてみましょう。
横幅が7cm、マグカップがぴったり乗るサイズですね、ドリッパー、コーヒー粉入れて、ゼロにリセットですね。
はいでは注いでいきます。いい感じに反応しています。問題ないですね。
タイマースタート。


グラムとオンスの表示切り替え。海外の表示ですよね。ハワイでコーヒー買うとき見かけたけど、日本人にはピンとこんすよね。1オンスは約28.35グラムだそうです。

はいできました。ストップ
でゼロ、ゼロ、リセット、オフもあるよと。
ね。1杯分のマグカップドリップだったらこれでいいかなって感じでしょ。

一応サーバーでも使えるか乗っけてみましょう。ちゃんと計測はしてる。安定性が悪いのは仕方なしですが。

まとめ感想

シンプル機能これで十分!

ボタンは「ONOFF」
乗っけて計ります。
「MODE」はグラムとオンスの表示切り替え。
「TARE」が重さのリセット、ゼロですね
「TIMER」スタートで1秒単位で表示、もう一回押すとストップ、もう一回押すとゼロ
フタ付きのポータブル仕様でコンパクトなサイズ

重さ:147g
サイズ:横7cm縦が12.2cm厚み2cm

スマホより小さいトランプみたいなサイズ感ですね。ジーンズのポケットに入ります。
重さと時間が計れて、小さくて安い。もうこれで十分です。
プライムデーでミニコーヒースケールゲットしたって話でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次