当ブログはアフィリエイト広告を含みます

ワッツのコーヒーミルをレビュー!ハリオと比較してみた

「ワッツ」って100円ショップをご存じでしょうか。

「ワッツのコーヒーミルどうよ?」ってコメントを1000件近く(軽いウソ)いただいて、もう、やるしかねえと、渋々注文しました。

で、ググって出たのが、コレなんですが、既視感ハンパなくないすか?

「それってパクリじゃないですか?」なわけですよ。

ええええ、これレビューするだけで立場悪くなるんじゃね?

触れざるを得ないだろ。ワッツもいい気はしないだろうし。

やっぱね、パクリはダメよ。私はグラフィックデザインを生業にしてるので、オリジナルをリスペクトしますから。もうブログの記事もまあパクられまくりですよ。買ってもないのをレビューしてたりしますからね。みなさん気をつけてください。エアーレビュー、パクリ、ダメ絶対!

話戻して、それに、ハリオさんからも睨まれない?パクリ広めるなよって

ハリオさんとはいい関係でいたいのよ。企業案件もやっていきたいのよ。

やだなあ。これ誰とくなんだよ。

って本心はおいといて、リクエストにもお応えする視聴者ファーストのevery coffeeです。チャンネル登録よろしくおねがいします。せめて、まだの方はよろしくお願いします。

ま、たしかに激安ミルをレビューしてきたので、親切に「ワッツもありますよ」ってお知らせいただいたのでしょう。ワッツがどのランクか、相対的に判断できる人も少ないでしょう。たしかにたしかに。泰三さんのチャンネルでは、とりあげないネタでしょう。うちが回収します。

コーヒーミル30台以上所有するコーヒーバカがレビューしていきますので、検討中の方は参考にしてください。

目次

特徴

ではチェックしていきましょう。

あっちょっと小さい、いい。なんかいい。マジか!このサイズ感アリかも。

おうちカフェコーヒーミル手挽き スペア付き¥990 (税込)
ワッツの雑貨店、Tokino:ne(ときのね)のラインナップ商品で、スペア付きのコーヒーミル手挽きです。お家でプチプラで本格的なカフェ気分を味わえます。ハンドルは必ず時計回りに回してください。空回しや逆回転は挽き臼をいためる原因になりますので絶対におやめください。

プチプラってなんすか?「プチプライス」安いってことだって!へー。初めて聞いた。いかにおじさんかってことだね。

で、スペックがHPには材質のみしか出てないので、計って追加しますね。

材質:ステンレス鋼、PP、ナイロン、セラミック、シリコーン、ガラス
サイズ:W18-D9.5-H18.5cm
重量:457g
容量:ホッパー約67g、ストッカー約105g

ストッカーは豆で計ったので、粉だともうちょっと、入るでしょう。

そっか2つあるから豆100gも入れておけますね。

うううう~ん、パクリダメっていっておきながら、意外にアリだなって気になってきました。

嫁姑のように、細かいケチつけて、やっぱオリジナルでしょって流れに持っていきたかったんですが、まさかの展開です。企画がくずれるフラグが立っているのを感じざるを得ません。

いや、きっとオリジナルがまさっているハズ。ハリオかもーん。

比較

本家ハリオMSCB、登場、デデンと。気になってるのはこれでしょ。比べてどげんね?ってとこですよね。

では一目瞭然、恒例のバラシてチェック!です。

左がワッツ、右がハリオです。基本構造は同じです。意外とよくできている。

あれ?ちょっと待って同じサイズか。一緒じゃね。マジか。なんか一回りぐらい小さいのかな?と思ったら一緒やん。パーツサイズ一緒っすね。本当にわずかにだけど、ホッパーがほんと数ミリ違うぐらい。なんかコンパクトやなって感じたけど、イメージだけでしたね。

この蓋とか共通でいけたりして。ちょっとこれ取ってみて。あっ。やっぱはまんないっすね。共通じゃないですね。残念。残念?

各パーツの構造は一緒なんすよね。ワッシャー、調整リング、調整リングの留め具、で、ハンドルもちょっとちっちゃいのかな?短いのかな?って思ったら一緒じゃん。

ワッツ、ハリオ、ドロー!一緒やねーか。それってパクリじゃないですか。

で、この手のミルは一番閉めた状態にゼロマークをするのをおススメしています。

このネジをゆるめていって、歯の間隔を広くなると、粉の粒の大きさが大きくなるという構造です。

使い方

なにはともあれ使ってみましょう。せっかくハリオも出したので、同条件で挽いていきましょう。

コーヒー豆10g深煎りを挽き目1.5周で挽いていきます。まずワッツから

ひろ

コーヒー豆10g挽くのにワッツは72秒でした。で、同様にハリオは48秒でした

ビター

挽き比べはドローです

粉を見るとハリオのほうが粗挽きなので早く挽きおわるんですよ。挽き目が違うので、単純に秒数では判定できません。撮影しながらもというのもあったし、ま、体感的には同じですね。

挽き目

精度、見ていきましょう。

ワッツの1.5周ですね。まあまあ、こんなもんかな。良くもなく悪くもなく。

本家ハリオ出してみますと、ハリオの1.5周のほうが粗い。

ぱっと見ワッツが揃っているように見えるけど、これ、ハリオのほうが挽き目が粗い。内歯と外歯の間隔が広いってだけです。

ビター

挽き目対決はドローにしておきます

そこまで明らかな差じゃないからね。

ワッツの他の挽き目も見ておきましょう。0.5周です。細挽きはどれもけっこう揃いやすい。直火式エスプレッソのマキネッタとかこの辺りで使えそうですね。

飲んでみた

ここまできたら、2つ飲むしかないね。なるべく同じ条件でいきます。ハリオV60でいきましょう。ワッツがオレンジです。

できました。飲んでみましょう。

ひろ

うん、どっちもうまい!

ビター

味対決もドロー

まあね粉の精度がそんなに変わらないからね。

お手入れ

ハリオ同様に分解もできて、ささっとブラシで落としていきます。セラミック歯なので水洗いもできます。水気を取ってよく乾かしてね。

メリットデメリット

メリット
・価格
・ストッカーが2個
・普通に使える

まず990円のわりにはいい。2000円未満の激安ミルと比べても、1・2を争う、なかなかいいランクに入ってきます。

ストッカーが2個もついてるので、違うコーヒー豆も入れておけるよね。

ハリオと比べても、味の差なく、普通に使えますね。というこで、ワッツがここで先行しました。

ビター

価格とストッカーでワッツ2ポイント!

デメリット
・ちゃちい
・隙間
・結果高え

やっぱ細かいパーツのクオリティはハリオに劣るなって感じ。普段使いにはこういうところが、ストレスになってきますね。毎日使うとなるとやっぱハリオかなと。

というのも、外歯と本体の間になんか空間があるんですよ。

ハリオはもちろん無いわけです。金属パーツでがっちりです。

ワッツはこの隙間に粉が入りこんで、カラカラ音がします。あ、やっぱ出た。

ひろ

物の構造、つくり的に完成度低いぞ!

ビター

ハリオ1000ポイント!大逆転!文句なし!

最後、メリットにあげた価格990円ですが、ワッツの店舗に行ってもねえんすよ。別ブランドの「Tokino:ne」の商品でワッツオンラインのみでの扱いなんですよね。

で、送料全国一律770円(北海道、沖縄県は1,540円)もしくは、お買い上げ合計金額税込7,700円以上で送料無料

ばってん7700円も買わんばい。となると、

小計:¥990
送料:¥770
合計:¥1,760(税込)

なんでリクエスト来るんかわかった!

ワッツの店舗に物はねえし、別ブランドの「Tokino:ne」は店舗自体がまだ全国で2店しかねえし、ほぼほぼオンラインのみでの扱いやけんやん。

¥1,760出して買うほどじゃないかな。送料がのっかるとコスパ悪くなるね。てか、本家ハリオがアマゾンで2064円送料無料で買えるやんか。ハリオ買えよ。

まとめ感想

ハリオ買えよ

ハリオでええ。比較さすな。ミルが増える。シャレですよ、シャレ。

リクエスト&情報提供ありがとうございます。話もどして、コーヒーミルの構造と刃の素材が同じで、一定のレベルで同じであれば、はっきり味に差が出るほどの精度差って、そんなにないんですよね。

素人が飲んで全然違うみたいな差までは出ない。

もちろん、高級ミルに買い換えて飲んだら、びっくりするぐらい違うっていうのはありますよ。

ミルにおいて、コーヒーの味は、粉の大きさ、特に小さい粉の割合で決まる部分が大半で。安いミルでも微粉を少し取ってやると、かなり違います。

なので、ミルのレビューは、毎日使えるか、使用感も重視して、耐久性や部品購入できるかのサポートだったり、トータルなとことろで、判断しています。

トータルに長い目で見ると、ハリオです。

もちろん、豆を挽くってだけでも、香りも味もよくなるので、このワッツのミルでデビューされるのは、いいと思います。コーヒーミル推進委員としては、豆を挽くのを推奨します。

店舗で買えたり、ついでに買うものがあって送料無料で買えるなら、悪くないね。

ということで、また中途半端な答えになってしまった。ハリオを推すけど、ワッツも定価でゲットできるなら悪くない。

うわ。いちばんつまんない答え。しょうがない、忖度無しに正直に言ったらそうなってしまう。企画がつぶれてもしょうがない。私が感じたことを優先してお伝えしています。心の声に従うそれがコーヒーブログのさだめです。

今日も寄っていただきありがとうございます。それってパクリじゃないですか?ワッツのコーヒーミルってお話でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次