【カリタ】ステンレス製細口ポットでおいしくなる理由

なんで普通のヤカンじゃダメなのか? おいしいコーヒーを淹れるためには、専用のドリップポットでちろちろ~っと細〜くお湯を注ぐ必要があるからです。

コーヒードリップの基本

pot2.jpg
コーヒー粉の中心に直角にお湯を注ぎます。周りの土手を崩さないように、細〜くお湯を注ぎます。お湯の量とドリップの時間によって味が変わりますから、量とスピードをコントロールするために、先が細く鶴口になっているこのようなポットで淹れるわけです。

試しに普通のヤカンでドバーって注ぐと、めっちゃまずいですよ。

コーヒー抽出温度にする

pot3.jpg
グッツグツの沸騰したお湯だとコーヒーを淹れるには温度が高すぎます。ヤカンからポットに移すと、温度が下がり、コーヒーを淹れる適温になります。82〜95度ぐらいがいいかと思いますが好みや豆にも寄ります。今ぼくは85度のお湯で淹れています。ヤカンで水を沸かして、大きい気泡が出始めてからポットに移すと、だいたい90度です。

見た目と気持ちで

スイマセン、わかったようなコトを書いてしまいましたが、やっぱ見た目と行為でおいしそうなカンジになるじゃないですか。これをいちばん重要視していますよ、わたしゃあ。まずはカタチからでもいいので「楽しみたい」ですね。

今日も寄っていただきありがとうございます。見た目重視です。

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。