ヴィンテージコーヒーミルはひと味違う理由?

ザッセンハウスの50〜60年代のヴィンテージコーヒーミルをオオヤミノルさんのトークイベントにて購入しました。

試し挽きをさせてもらったら、挽き具合も軽くて、粒もすごい揃ってて均一でびっくりしたんで即決でした。パッと見の状態がすごくいいでしょ。

これは膝で挟んで回して挽くタイプなので、小ぶりでかわいいっす。で、この機械構造が美しいなあって思ったんです。
DSCF0203.jpg

オオヤミノルさん曰く、「まだ職人が作ってた頃の物だから本当よく出来てるよね」「あと200年はもつよ」「豆の投入角度が違うの、バキっパラパラって、1回できれいに挽ける構造を当時の職人の技術が可能してて」「一回全部オーバーホールしてるんだけど、それをできる人が四国に一人だけいてね」「ここを0.3ミリ調整しててね」「この時代のコーヒーミルはほとんどはこのザッセンハウスのパクリ、段違いに品質がいい」

ということで、1950年代のドイツの職人さんとオーバーホールできる四国に一人だけのマニアックな人を想像しながら、飲むコーヒーの味は、ひと味もふた味も違うわい!値段も入れたら、み味、違うわ!うまいに決まっとるやんけ!

ヴィンテージコーヒーミルはひと味違う理由は、「ロマン」じゃ!

本物を知らずしてコーヒーは語れない。120年の歴史と高い品質を誇るドイツのザッセンハウスのコーヒーミルをあなたにも。

今日も寄っていただきありがとうございます。コーヒーミルのおすすめはこちら

【間違いない】コーヒーミルおすすめ5選!初心者の選び方ポイントとガチ購入レビュー

インスタ版every coffee
ビターのおうちカフェ教室


誰でも簡単すぐにできるレシピやおいしいコーヒーの淹れ方をざっくり紹介。細かいめんどくさい事はスルーして、サクっといいカンジにおうちでカフェ気分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。