コーヒー1杯のために…

会社でコーヒーを淹れているのを見られてしまうと、「本格的ですね」とか「スタバみたいになってる…」とか言われます。豆を挽いて細口ポッドでペーパードリップしてるだけですが。
ていうかスタバはマシンで淹れてるだろ。で、気づいたのは、確かにコーヒー1杯のために道具多いなよな。でも実は、家ではもっと面倒くさいことになってますけど…

ハリオのスケールで豆を計って、ヴィンテージコーヒーミルで挽いて、メリタのドリッパーにキャップして、フタして、カリタのポッドで温度見ながらお湯入れて、分量を計って、と。
確かにこれは他人から見たら面倒くさいことこのうえないでしょうね。

今日も寄っていただきありがとうございます。これもおいしいコーヒーのためです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメント一覧 (2件)

  • かわうそさん
    はじめまして、mongomeといいます。
    会社で豆を挽くなんて、それは本格的ですね!
    私も会社でコーヒーを淹れてますが、やっぱり
    同僚には「優雅ですね」なんて言われます。コーヒーを淹れている時間はいい気分転換になりますよね。

  • コメントありがとうございます。
    コーヒーの味も好きですけど、それ以上に
    「コーヒーを淹れている時間」が好きなのかも。
    ブログ拝見しました。試験頑張ってください。

コメントする

目次
閉じる