コーヒーを最初に飲んだ日本人の感想は?

今日のコーヒー本は珈琲の楽しみ方BOOKです。この本からコーヒー豆知識をひとつ。

目次

コーヒーを最初に飲んだ日本人

日本人による最初の珈琲試飲記録は1804年の江戸時代。長崎の役人をしたことがある文人、太田蜀山人(しょくざんじん)が飲んでみた感想を書いているそうです。それがこちら、

「焦げくさくて味わうに堪えず」

砂糖入りのコーヒーだったそうですが、苦味に弱い日本人にはこたえたんでしょう。
ていうかオレと一緒。最初はみんなそんなもんでしょ。

これが最初に買ったコーヒー本です。何気なし手に取ったんですが、自家焙煎の草分け的存在、東京南千住の「カフェ・バッハ」の田口護さんが監修されている本でした。

この本のいいところは文庫サイズということ。コーヒーを飲みながら、パラパラ眺めやすいし、携帯にもよし。基本情報といえども、小さいながらも、充実した内容。

たまに情報の少ない写真集みたいなイメージブックみたいな本ありますよね。その対局です。さすが田口さん読書家だから、本はやっぱこれくらいの情報はないと。

今日も寄っていただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメント一覧 (4件)

コメントする

目次