Bureaux Coffee/Gitesi の淹れ方とStandart Japan #16

コーヒーマガジン「Standart Japan 第16号」の付録サンプルコーヒーは、オーストラリア・メルボルンのBureaux Coffeeさんのルワンダの豆Gitesiです。

ひろ

ルワンダのコーヒーはおいしいですね。外したことがないもんね

ビター

Standart Japan 第16号の特集はネコカフェだよ

それでは世界40カ国以上・3000杯以上のコーヒーを飲み、自家焙煎するコーヒーマニアのコーヒーブロガーひろが「Bureaux CoffeeのGitesi」をご紹介します。

目次

Bureaux Coffee

オーストラリアのメルボルンの小規模ロースター。オーストラリア国内外へ卸売りやオンラインでの販売をしています。生産者と公正でサステナブルな価格で長期的に取引を行うため、限定したコーヒーのみを扱っているそうです。
焙煎はできるだけ不要なフレーバーが加わらないように品質管理を通して、甘味やバランス、抽出のしやすさを意識しているそうです。

Bureaux Coffee

ルワンダ西部のGitesi

小規模農家によるレッド・ブルボン種を、Gitesi Coffeeというウォッシングステーションで精製したもの。

品種:レッド・ブルボン
オリジン:カロンギ(ルワンダ)
精製方法:ウォッシュト
フレーバープロファイル:クコの実、オレンジの砂糖漬け、バニラ、ベーキングスパイス

ビター

豆自体は焼き菓子のような甘い香り

Bureaux Coffeeの抽出レシピ

コーヒー :15g
挽き目: 中細挽き
注湯: 250g
湯温:100℃
抽出時間:3分
抽出器具:Kinto Brewer (HarioやKalitaでもOK)

  1. 50gほど注いでペーパーフィルターをリンスしてお湯を捨てる。
  2. 沸騰したお湯30gをコーヒー粉全体が濡れるように注ぐ
  3. 30~40秒ほど待ってコーヒーを蒸らす
  4. 180g注湯したら15~20秒ほど待つ
  5. 250g注湯したらストップ

※注ぐスピードを一定に保つ
※同心円を描いて中心から外側、外側から中心へ

まずリンスをします。

コーヒー粉を中細挽きで15gコマンダンテで20クリックで挽きました。

で、ここがポイント!沸騰した100℃のお湯を注ぎます!

30g注湯して30秒蒸らします。

お湯を2投ですね。

1投目は、蒸らしから合計して180g注湯したら15~20秒ほど待つ。

合計で250g注湯したらストップ。お湯が落ちきるのが3分を目安にします。

サーバーを撹拌して数分待って、少し冷ましたらできあがり。

ルワンダ西部で育ったレッド・ブルボンをウォッシュト精製したGitesiを以下のレシピで抽出すると、乾燥フルーツのアクセントやふんわりとしたバニラのようなアロマ、そして全体をまとめあげるレッドフルーツの甘味を感じられると思います。ぜひStandart Japanの最新号と共にゆっくりと楽しんでください。

Brew it like Bureaux!

Bureaux CoffeeのGitesiの味は?

ひろ

たしかに!柑橘系の酸味が最初にきて、あとから甘みを感じる。香りはちょっとスパイシーで、後味に甘ったるいバニラの要素も

これは豆もいいけど、レシピもいいなあ。

味もしっかり出てるし、濃度も1.3%とあるし、お湯100℃注ぐのアリなんだ!

これはシンプルで再現性が高いレシピだと思います。他の豆でどういう味になるか試したいと思います。

てな具合に新しいコーヒーの味に出合えるのは、Standart Japanの定期購読特典です。

STANDART#16

それではStandart Japanの第16号から気になったトピックを紹介します。

猫カフェは「カフェ」なのか

特集記事は猫カフェです。歴史や成り立ち、都市生活の変化など、猫カフェを掘り下げた内容で興味深い。

世界初の猫カフェは台湾で1998年開店した「猫花園」猫は室内外出入り自由。日本初は大阪で2004年開店した「猫の時間」2005年に東京町田で「ねこのみせ」が開店。2010年代に全国に広がり、2020年1月時点では全国で298店舗なんだそうです。

コーヒー生産国を紹介するシリーズ記事は「日本」。日本のコーヒー生産の歴史は1878年(明治11年)、小笠原諸島でコーヒー栽培を試みた記録があるそうです。しかし日本はコーヒーノキの生育条件として厳しい地域。特に台風による被害が大きく、産業として難しいそうです。

Standart Japanの第16号の記事のほんの1部をさわりだけ紹介しましたが、

ひろ

興味が渋滞中だよ

ビター

定期購読特典はサンプルコーヒー!毎回、世界のおいしいコーヒーが届くよ

今日もevery coffeeに寄っていただきありがとうございます。コーヒーおもしろいでしょ。

よかったらシェアしてね!

\YouTubeチャンネルも見てね/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる