コーヒーをお茶パックで飲んだら目からウロコのバズ必至の件

100均をブラブラしてたら、何気に目にしたお茶パックでひらめきました。これでコーヒー淹れれるじゃん。フレンチプレスみたいに漬け置きで抽出する浸漬法になります。紙パックなので、フレンチプレスよりも濁らず水質がクリアかもしれませんよ。

フレンチプレス買うかどうか迷っている方や試しに1回飲んでみたいという方におすすめな方法なんじゃないでしょうか。

お茶パックでコーヒーを淹れよう

フレンチプレス同様に粗挽きに挽きます。

お茶パックにつめ、お湯を注ぎます。

ひろ
浮いた!

沈めます。スプーンで抑えときましょう。できました。4分で126ml抽出です。では、飲んでみましょう。

お茶パックコーヒーの味は?

ひろ
うん、いいじゃん!!!!!
最初でこの味なら、あとはやりながら調整して好みに持っていける!
濃度は0.79% もうちょっと欲しいね。過抽出をおそれてちょっと早かったかな。

微粉は少し出ます。パックを沈めた時に紙パックの隙間からコーヒー粉が出てしまったので、多く見えるけど、慎重に沈めれば、もうちょっと少なくできそうです。

まとめ

というかこれ、ドリップバッグよりいいんじゃね?

朝、家で豆を挽いて、パックにつめて会社に持っていく。会社ではお湯を入れるだけしかも100均で100枚入り、1枚1円のコスパ! 味! 道具要らずの手軽さ! 3拍子揃っている。紅茶のティーバッグみたいにあれのコーヒーバージョンもいけるはず。ヤバい!バズる!キタ!ブレークスルー!名前をつけておきましょう「every pack」

ビター
……なんかテンション高すぎない?
ということで、毎日やって、お湯とコーヒー粉の量、待ち時間を試して検証していきます。

今日も寄っていただきありがとうございます。ウェーイ!

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

1 個のコメント

  • そういえばこれで水出しコーヒーつくってる方もいましたね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。