カレーの隠し味にコーヒーを入れるとおいしくなるのか

コーヒーの隠し味にコーヒーを入れるって聞いたことありますよね。しかし実際やってみた人は少ないんじゃないでしょうか。そして、なんとなく「いや〜ないでしょ」って思ってたり、「ていうか、わざわざめんどくさい」って認識じゃないでしょうか。

私もその一人でした。しかし、隠し味に苦味はアリだと思えることがありました。

それは「トレーダー ジョーズ」というバーベーキュースパイスにコーヒー粉が入っていたんです。しかも、うまい!いろんな味に混じって、コーヒーの苦味がいい存在感出してたんですよ。

そういえば、苦味のスパイスってあんまりないなと思ったんです。

隠し味にコーヒーはうまい!トレーダー ジョーズのシーズニング

コクっていろんな味のハーモニー

よく「コクがある」っていうじゃないですか。でも「コク」って何?

なんとなくわかるけど「じゃあ説明して」って言われると、ちょっと自信ないですよね。辞書や検索すると、

【コク】濃厚なうまみ。甘味・うま味・苦味・塩味・酸味の五基本味の総和。

とあります。

先ほどの「トレジョ」の例のように、日本人は「ダシ」の食文化のせいか、もともとスパイスを使っていないのもあるのか、味の足し算をしないし、料理に苦味を使わない気がします。

カレーの隠し味にコーヒー

ということで、「カレーの隠し味にコーヒー」を試してみましょう。さすがにいきなり我が家のカレーで試すわけにはいきませんから、失敗したときの被害を最小限度に留めるために、お父さんだけ吉野家のカレーで試してみます。

さらに味の違いがわかるように、入れてないカレーとコーヒー入りのカレーを分けます。

カレーにコーヒー液を入れる

カレーにコーヒー液を入れてみましょう。

違いがわかりやすい用にコーヒーはエスプレッソを用意しました。

カレーにコーヒー粉を入れる

「カレー 隠し味 コーヒー」で検索すると、コーヒーの液体を入れるのがほとんどなんですが、実はコーヒーの粉を入れたほうがいいんじゃないかと思うんです。冒頭の「トレーダー ジョーズ」のようにスパイスはコーヒーの粉だったんですよ。

カレーってスパイスだから、その中に「苦味のスパイスとしてコーヒーを使う」という発想です。

ということで、深煎りのマンデリンを中細挽きにして入れます。

カレーの隠し味に「コーヒーの粉」を入れるのは、ちょっとあまり聞かなくないですか?

バズっちゃたらどうしよう。

「カレーの隠し味にコーヒー」の味は?

「普通のカレー」「コーヒー液入りのカレー」「コーヒー粉入りのカレー」3つのカレーができました。

ではそれぞれを味わってみましょう。

●普通のカレー
うん。これがプレーンな味ね。吉野家のカレーはオーソドックスなザ・日本のカレーよりも、ややスパイシーですね。割と好きな味ですね。

●コーヒー液入りのカレー
苦味が強くなりすぎた。量ちょっと多かったっすね。ほんとちょっとでいいな。

●コーヒー粉入りのカレー
苦味はほとんど感じない。混ぜると普通のと違いがわからなくなる。

ということで、この3つを全部を混ぜてごはんにかけて食べてみます。ごはんに合わせることでまた違うハーモニーが生まれるかもしれません。

隠し味にコーヒー液とコーヒー粉が入った「ダブルコーヒー隠し味カレー」です。

それではパクっと。

ひろ

はっ!こ、こ、こ、これは…

カレーの隠し味にコーヒーまとめ

カレーの後に飲むコーヒーは最高!

ビター

食後に別で飲むんかーい!カレーの隠し味はどうした?

なんかねー。もともとお腹空いてたのに、いろいろやってたら時間経っちゃって、ガッついて食べちゃったから、よくわかんないんだよね。隠し味だからね。劇的においしくなるとは言えないけど、普通においしかったし、いいかなあと。

でもエスプレッソはやめたほうがいい。味が強すぎる。ブラックのドリップコーヒーの方が良さそうです。

もしやるとしたら、中途半端に余ってる豆があるなら、挽いてコーヒー粉にして入れてもいいと思います。カレーの味をジャマしないように使うといいかな。「隠し味」だからね。分かっちゃったら隠し味にならないじゃん。

今日も寄っていただきありがとうございます。でも食後のコーヒーには勝てないね。

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。