エアロプレス世界で優勝したチャンピオンのレシピで淹れてみた

2014年度のエアロプレス世界大会(WAC)で日本人初のチャンピオンに輝いた佐々木修一バリスタのレシピで淹れてみました。フレンチプレスっぽい味になって「エアロプレスでこんな味も出せるんだ!」っていう新発見もあり、エアロプレスのおもしろさを感じざる得ません。

レシピと淹れ方

  • 豆:16.5g(フレンチプレス用の挽き豆よりも少し細かめ)
  • 水:250ml (40ml+210ml)
  • 抽出時間:2分15秒

「世界チャンピオンが教える本格エアロプレス」 Good Coffee参照)

フレンチプレスよりも少し細かめということは、中挽きでいいのかな。

エアロプレスをセットし、豆を入れます。


78度のお湯40mlを淹れ25秒蒸らして、軽く5回ほどかき混ぜる。


さらに210mlのお湯を注ぎ、1回かき混ぜる。75秒間かけてゆっくりプレス。エアロプレス内に45ml残して完了。

淹れてみた感想

「フレンチプレスっぽい!」コーヒーオイルが出てますね。エアロプレスでこの味わいは初めてです。エアロプレスは細挽きで短時間で濃く抽出してお湯で薄めるのが基本なのかなと思っていましたが、その逆の入れ方ですもんね。なかなかおもしろい味わいです。ただ香りがちょっと弱いかなあ。今回使用した豆は、エルサルバドルCOEパカマラの中煎りです。酸味系のコーヒーだったので、深煎りの豆だと、どんな味になるのか気になりますね。また試してみたいと思います。

今日も寄っていただきありがとうございます。エアロプレスなかなかおもしろい。

エアロプレスとコーヒーカップ

【革命かよ】エアロプレスおすすめレビュー使い方レシピ新コーヒー体験!

インスタ版every coffee
ビターのおうちカフェ教室


誰でも簡単すぐにできるレシピやおいしいコーヒーの淹れ方をざっくり紹介。細かいめんどくさい事はスルーして、サクっといいカンジにおうちでカフェ気分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。