コーヒー革命エアロプレスとは!完全ガイド〜淹れ方・有名バリスタのレシピ

エアロプレスとコーヒーカップ

エアロプレスコーヒーメーカーは空気圧でコーヒーを抽出する注射器のような器具。新しい器具なので、馴染みがなく、どうやったらいいのか、わかりにくいので、使い方まとめました。

短時間で味を凝縮して抽出するエスプレッソ的な発想で、スペシャルティコーヒーには欠かせないアイテムです。電気を使わないので私は好きでおすすめします。

シンプルな構造のため、使い方も様々で いろんなレシピがあり自由度が高く、フレンチプレスのように漬け置きしたり、いろんなコーヒーの味を楽しめますよ。

エアロプレスとは

2005年にアメリカのエアロビー社から発売されたコーヒー抽出器具。 エアロビー社はフリスビーを作っている会社で、創業者のアラン・アドラーさんが従来のフリスビーを改良して、空気抵抗を少なくした輪っか状のフリスビーを開発し発売しました。この「エアロビー」はフリスビー飛距離の世界記録を出し、世界的フリスビーメーカーになりました。

そんなフリスビーの会社が、なぜコーヒー器具を作ることになったのかというと、「コーヒーがうまく淹れられない」という知人の話から、興味をもった社長のアランさんがコーヒーの研究をはじめます。それまでコーヒーの知識がなかった アランさんですが、唯一知っていた「沸騰するより低い温度で淹れると甘みが出る」ということから、まず、いろんな温度でコーヒーを淹れてみたそうです。何度も試すうちに最もおいしいのは79℃だとわかりました。

次にアドラーさんは、ドリップの時間に目をつけます。低い温度の方がおいしくなるなら、時間も短い方がおいしくなるのではと考えました。抽出時間を短くするために様々な実験をはじめます。ドリッパーの上から豆に圧力を加えたり、自転車の空気入れのようなポンプ式で空気圧を加えたり、さまざまな方法と試作品で実験を繰り返し、ついにドリップよりも苦みを抑えられるピストン式の抽出器具ができました。これがエアロプレスです。

発売当初から、特に宣伝などは行わなかったそうですが、バリスタやコーヒー専門家などの口コミで話題になり、約10年で1000万台のヒット商品になりました。

エアロプレスの価格は

購入は近くの販売店、ネットショップどちらでもいいのですが、 海外輸入品だからか7000~4000円と価格に開きがあります。おそらくアマゾンが一番安く買えますが、欲しいものリストに入れて見ていたら3800~4500円ぐらいで価格の変動がよくあります。平均の4200円前後だったら買いでしょう。

エアロプレス購入した開封の儀

2017年8月23日

エアロプレスの魅力

苦味が少なく、酸味が際立ちます。浅煎りのスペシャルティコーヒーを楽しむなら、エアロプレスは持っておきたいコーヒーの抽出器具になります。エアロプレスは淹れ方もいろいろあり、それによって味も変わるので、自分のオリジナルレシピを研究してもおもしろいでしょう。

コーヒー豆は浅煎りの細挽き

浅煎りの細挽きがおすすめです。苦味をおさえ、酸味と甘みが楽しめます。

エアロプレスにサーバー

小さいマグカップにはセットできないので、コーヒーサーバーもしくは口が広いマグカップが必要です。キャップがまるっと入る大きさじゃないとできないよ。

エアロプレスのスタンダードなレシピ

説明書に書いてある基本の淹れ方です。
① 細挽きのコーヒー粉を専用スプーンすりきり2杯(30g)を入れる
② 80度のお湯を2の目盛りまで入れる(100ml)
③ 10秒かき混ぜる
④ 20〜30秒間でゆっくり押し下げる
⑤ ダブルエスプレッソの出来上がり
⑥ アメリカンコーヒーはお湯を足す
4目盛りで200ml。1目盛りが50mlです。

エアロプレスでコーヒー初抽出やってわかった使い方

2017年8月27日

エアロプレスのレシピ

エアロプレスの母のレシピ

ジャパンエアロプレスチャンピオンシップを主催するなど、日本にエアロプレスを広めた第一人者の須永紀子さん(MANLY COFFEE)のレシピ
① 粗挽きのコーヒー粉14g使用
② フィルターに湯通ししておく
③ 84℃のお湯を200ml注いで1分待つ
④ ピストンを下にしてコーヒー粉を入れる
⑤ 84℃のお湯を200ml注いで1分待つ。
⑥ 軽くかき混ぜて、ひっくり返してゆっくり押す。

エアロプレスの母「マンリーコーヒー」に行ってきた

2018年11月23日

日本チャンピオンのレシピ

エアロプレス日本チャンピオンの粕谷晢さんのレシピ。
① 細引きのコーヒー粉を15g使用
② フィルターに湯通ししておく
③ ピストンを下にしてコーヒー粉を入れる
④ 器具を回しながら80℃のお湯を90ml注ぐ
⑤ パドルで10秒まぜる
⑥ フィルターをセットしてひっくり返して30秒。20秒でプレスする。
⑦ お湯を90ml足す

エアロプレスの特徴と日本チャンピオンの淹れ方

2017年10月1日

世界チャンピオンのレシピ

2014年度のエアロプレス世界大会(WAC)で日本人初のチャンピオンに輝いた佐々木修一バリスタのレシピ。
① エアロプレスをセットし、コーヒー粉16.5g(フレンチプレスよりも少し細かめ)を入れます。
② 78度のお湯40mlを淹れ25秒蒸らして、軽く5回ほどかき混ぜる。
③ 210mlのお湯を注ぎ、1回かき混ぜる。
④ 75秒間かけてゆっくりプレス。
⑤ エアロプレス内に45ml残して完了。

エアロプレス世界チャンピオンのレシピで淹れてみた

2017年11月23日

ティムのレシピ

ティム・ウェンデルボーさんはワールド・バリスタ・チャンピオンシップ2004年度の優勝者。ノルウェーのオスロに小さな焙煎所兼カフェを構えるスペシャルティコーヒーロースター。北欧コーヒー界の伝説とまで言われる世界のコーヒーシーンを牽引する人。
① 紙フィルターをセットし、お湯を通し、コーヒー豆14g、細挽きをセット
② 95°Cのお湯を200g注ぐ
③ 3回かき混ぜて、ピストンを取り付け60秒
④ ピストンを取り外し、再度3回かき混ぜる
⑤ ピストンを再度取り付け、20~30秒で押し出す

世界バリスタ・チャンピオンのティム・ウェンデルボーのコーヒー飲んでみた

2018年10月8日

THE BARNのレシピ

ドイツのコーヒーショップ「THE BARN」のエアロプレスのレシピ
① コーヒー豆16g、中挽きを16gきをセット
② 94℃のお湯を230ml入れて、素早くかき混ぜる。
③ ピストンをセットして1分待つ
④ ピストンを取り外し、再度かき混ぜる
⑤ ピストンを再度取り付け、押し出す。

エアロプレスの海外のレシピ【ドイツ】THE BARN

2018年4月7日

インバート式の淹れ方に注意

通常の使い方とは逆のピストンを下にして、ひっくり返す淹れ方があります。最初のセットをしっかりしとかないと、大変なことになります。

【閲覧注意】エアロプレスのインバート式は気をつけて!

2018年5月13日

エアロプレスのステンレスフィルター

エアロビー社のエアロプレスに同梱されているのは紙フィルターですが、違う会社から出ている別売りのステンレスフィルターを使うこともできます。使い方も全く同じです。紙がステンレスになっただけで、味は変わります。エアロプレスで粗挽き深煎りだと、なかなか思うように味が出せなかったんですが、ステンレスだといい味を出してくれますね。これは使えます。選択肢の幅が広がります。コーヒー豆の特徴によって、ステンレスフィルターの方が好みの味になるということはあります。

エアロプレスのステンレスメッシュフィルターの使い方と特徴

2018年5月20日

エアロプレスのアイスコーヒー

一般的なアイスコーヒーの作り方は濃い濃度のホットコーヒーを氷で急冷します。エアロプレスは短時間で高濃度抽出のエスプレッソ的器具なので、アイスコーヒーにも合います。他の抽出器具では味わえない独特のアイスコーヒーができます。異常な香ばしさなんだけど、キレッキレッの後味の爽やかさになりました。

うまい!エアロプレスでアイスコーヒーやってみた

2018年6月20日

エアロプレスの片付け

残りのコーヒー粉はキャップを外して、ごみ箱にそのままズコっと押し出す。あとは普通に洗剤で洗えば、大丈夫。

まとめ

今までにないコーヒーの味わいが出せる器具
コーヒーの抽出にはいろんな器具がありますが、ドリップ、サイフォン、エスプレッソ、フレンチプレス、それぞれその器具でしか出せないコーヒーの味わいがあります。エアロプレスはその一つに加えられる画期的な器具だと思います。大げさかもしれませんが、コーヒーの歴史に名を残す、残り続ける道具ではないでしょうか。

コーヒーの抽出についてはもう出尽くした感があったのにすごい発明!イノベーションでしょ!
ビター
浅煎りのサードウェーブコーヒーを楽しみたいなら絶対に必だね。

今日も寄っていただき、ありがとうございます。最初ちょっと抵抗感あったけど買ってよかった。

every coffee item review
date:
item:
エアロプレス コーヒーメーカー
recommend:
51star1star1star1star1star

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど