【閲覧注意】エアロプレスのインバート式は気をつけて!

エアロプレスの淹れ方にインバート式というものがあります。この方法を使っている有名なバリスタさんも多く、やってみようと、これから挑戦される方もいるかもしれませんが、ちょっと待って。しくじり先生のこれを見てから、慎重に行って欲しいのです。最近、こぼす、漏れる等の被害が広がっているので、緊急告知です。ちなみに【invert】は〈…を〉逆にする,反対にする,転倒させる.の意味です。

インバート式とは

エアロプレスにお湯を注いで、プレスする時にひっくり返して、抽出する方法です。エアロプレス日本チャンピオンの淹れ方でも何回か紹介しましたが、

1.プランジャー(内筒ピストン)をチャンバー(外筒)にセットする。
フィルターキャップの側を上にした状態で立てる。
2.コーヒー粉をいれ、お湯をいれてかき混ぜる。
3.抽出時間が完了したら、フィルターキャップをセットする。
4.エアロプレスをひっくり返して、マグカップの上に立てて、プランジャーを押し下げる。

メリット

●コーヒー粉とお湯の接触(抽出)時間が長くできる
●時間を長くとれるので、粗挽きのコーヒーでも味を抽出できる
●フレンチプレスとエアロプレスのいいとこどりで抽出できる

デメリット

悲劇が起きやすい。


こうやってツイッターのネタになったのが、せめてもの救いですが、これ後処理、大変でしたよ。壁にシミは残ったし。さらに「私も…」なんていうミートゥー的な人も現れて、これはフロー情報にしていてはいけない!ということで、ブログ記事にしたわけです。では、どうすればいいのか?

注意点

最初のセットをしっかり入れ込む
今回のしくじり先生はココだったんですよ。なんか軽くふぁっと乗っけただけでした。ひっくり返すとき、浅かったから折れたんですよね。写真のようにグッと入れ込めば大丈夫です。

●ブログの記事にしようとしない。そのあと外出する予定とかもあって、いろいろやること多かったんすよ。そら注意散漫になりますわな。要するに注意を怠らない。

●マグカップごとひっくり返す

まとめ

この悲劇が起きる前の写真が見つかりました。原因はこのピストンの浅ささ!乗っけてるだけやんか! 撮影したり、豆を挽いたり、いろいろ準備したりとマルチタスクが招いた情報発信者の悲劇だったわけです。

今日も寄っていただきありがとうございます。トラウマになりそうだなあ…

もう1記事いかがですか?

エアロプレスで深煎りコーヒーをインヴァート方式で淹れてみた

2017.12.26

エアロプレスの特徴と日本チャンピオンの淹れ方

2017.10.01

エアロプレス世界チャンピオンのレシピで淹れてみた

2017.11.23

世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」


今月は流通が少ない「コロンビアのゲイシャ」の新豆です。

ABOUTこの記事をかいた人

ひろ

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら