ルワンダ産キナジ/ゴールドキャッスルコーヒー

今日のコーヒーはゴールドキャッスルコーヒーさんの「ルワンダ産キナジ」です。

ひろ

今回も大阪のコーヒーショップさんからのレビュー依頼で頂いたコーヒーをご紹介します。コロナのこの状況ですから、いちコーヒー好きとして少しでもお役にたちたい。

ビター

店舗運営されているところは大変だろうからね。楽天に出品されてるのでチェックしてね

ルワンダ産キナジとは

ルワンダ産キナジ
生産国:ルワンダ
生産エリア:フエ キナジ
品種:ブルボン種
標高:約1,600-1800m
製法:フリーウォッシュド
コメント:ブルーベリーやプルーン、リンゴのような酸味、キャンディーをなめているような甘い余韻

ルワンダ産キナジとは、アフリカのルワンダのキナジ地方で採れたコーヒーです。「ルワンダってどこ?コーヒーあるの?」って感じかもしれませんが、非常に高品質なコーヒー生産国なんですよ。世界でも高い評価を受けていて、スペシャルティコーヒーが好きな人にはファンも多い。

ひろ

豆の大きさも揃っていてきれいな焼き上がり。焙煎度は2になっています。やや浅い中煎りぐらいでしょうか。

ルワンダ産キナジ飲んでみた

とくに淹れ方のレシピはなかったので、ハリオV60で2杯分20gやや粗挽きでドリップしてみましょう。

お湯の温度は95℃で蒸らしを40秒とります。ざっくりとラフに「4:6メソッド」風に5投して、280ml淹れました。

ルワンダ産キナジの味は?

ひろ

おおお!今まで飲んだルワンダのなかで、1番好きかも。
確かにりんごのようなフレーバーですね。甘さと酸の具合が。これは好みだな

「浅煎りは味を出すのがむずかしい」って敬遠されてる方におすすめ。ラフに淹れてもちゃんと味が出ました。高温のお湯で数回に分けて注ぐと味が出やすいよ。

あと、いつもの量よりちょっと少なめに淹れるといいかも。1杯150ml淹れますが、今回140mlにしました。

ビター

ルワンダのコーヒーはあきらかに違うからね。ぜひこのフルーティな味わいを体験してほしいね

今日も寄っていただきありがとうございます。街のコーヒーを応援します。

インスタ版every coffee
ビターのおうちカフェ教室


誰でも簡単すぐにできるレシピやおいしいコーヒーの淹れ方をざっくり紹介。細かいめんどくさい事はスルーして、サクっといいカンジにおうちでカフェ気分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。