当ブログはアフィリエイト広告を含みます

ハリオSUIRENをレビュー!V60ドリッパーにコーヒー遊びをプラス!

今日は、「ハリオ SUIREN」をレビューします。こちらハリオさんよりご提供いただきました。ありがとうございます。

基本レビューは忖度なし、事前チェックなし、デメリット言いまーす。

で、させてもらってます。それでもOKということなので、ぶっちゃけで言わせてもらいますと、ハリオSUIREN、個人的にはスルーしてました。

基本的にはV60と変わらないし「ハリオがまたなんかやってるよ」と、粕谷哲さんと同じ反応だったんですが、実際使ってみると、「あ、そういうこと⁉」っていうのもあって、われわれ消費者に伝わってないなあって部分もあり、ちょっとこれは惜しい。ハリオさん惜しいよ。って感じざるをえません。

なので、いつもは結論先にお伝えしていますが、今回はちょっと言い切れません。

ということで、いろんな要素を見ていきながら、判断してもらおうと思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。

この商品アイデアてんこ盛り過ぎて、色んな要素がありすぎて、ひとことで結論できない。通常の商品レビューの数倍難しいヤツなんですよね。大枠では好きです。アリです。いいです。

まずは商品のざっくりしたアウトラインみていきましょう。

目次

特徴

折りたたんだ状態でのパッケージなんですね。開けてみていきましょう。ブラックが基本で、¥2,750(税込)

カラーリブが1カラー6本組で別売り¥1,320(税込)

SUIREN リングセット¥880(税込)差し込み口とホルダーも別売りであるので、カラーがいい方は個別に揃えるのもできるとちょっと高くなるけどね。

サイズ感としてはV60の02サイズ、2-4杯用ですね。

V60 ドリッパー SUIREN
遊び心をコーヒードリッパーにプラス。アートなデザイン+機能の充実
「スパイラルリブ」
世界のバリスタに愛用されている、円すい形ドリッパー「V60透過ドリッパー」の象徴「スパイラルリブ(凹凸)」を取り出した構造。
取り外し可能
12本のリブを取り付けて使用します。
ドリッパーホルダー付き
ドリッパーホルダーが付いているので径の小さなマグでも安定します。
カラーカスタマイズ可能
別売りのリブ6本セットを購入すると、お好みのカラーにカスタマイズが可能。カラーの組み合わせは11億通りにも。

サイズ:幅13×奥行12.5×高10.8cm
重量:200 g
材質:リブ/PCT樹脂 
 リング・ドリッパーホルダー/ポロプロピレン
原産国:中国

おそらく、この商品開発の最初のコアアイデアはハリオV60ドリッパーの「リブだけにしたらどうだろう」がスタートじゃないかな、「睡蓮みたいな、お花にしました」じゃないと思う。

「甘栗むいちゃいました」みたいな、「リブだけにしてみた」ってことですよ。と考えると、この黒もうなづけますね。リブだけにしたドリッパーですという、物理的な側面で見ていきましょう。

比較

ハリオV60と構造的な違いを比較してみましょう。V60とSUIRENで200mlの水を一気に注いで、水の落下をチェックします。

SUIRENが3-4秒遅いぐらいですね。

コーヒー粉が入ると、同様か、注ぎ方によっては、差が開くこともあるかもですね。

使い方

説明書のコーヒーの淹れ方はV60同様ですね。

・コーヒー1杯(120mL)、10~12gが目安
・粉全体しめらせ30秒程度蒸らします
・中心よりうず状に注ぐ
・ペーパーに直接かからないように
・杯数に寒けなく3分を目安

構造上の違いだと3-4秒程度ですが、コーヒー粉が入ると、さらに遅くなるから、体感もあるでしょう。

コーヒー20gでお湯300ml注ぎます。比率1:15ですね。

特にレシピもなく、説明書に沿ってなんとなくドリップでいきます。蒸らし込みで4投、落とし切りにしました。

できました。よくかきまぜて。ハリオのアロマカップに注ぎます。映画「コーヒーが冷めないうちに」で使われたカップです。

どうでしょうか。うん、バランスよくマイルド

お湯を貯めながらのドリップなので、味のまとまりもよく、口当たりマイルドで、V60同等でしょう。

OKでーす。

ドリップ後もこんな感じですね。

基本的にはV60同様に使えるドリッパーですよっていうのは担保して。

色あそび

SUIRENの魅力は、「コーヒーの味がうんぬん」っていう機能でなく、オプション部分でしょう。

半分、白を差してみましょう。こんな感じですね

イエローを2本づつ差してみましょう。やっぱり間に入ったほうがいいですね

じゃあ、白を赤に変えて、1本ずつ交互にしていきましょう。

開発当初のアイデアは、「リブだけにしたらどうだろう」で、試作品を作っていくうちに、なんかお花みたいだね。ってなって、リブ差すっていうのもおもしろいし、いろんな色を別売りにしたらいいじゃんみたいな感じなんでしょうね。あ、これ想像です。妄想です。提供商品だった。個人の感想とちゃんと分けないとね。

やっぱり暖色系でまとめると、いい感じですね。

全部で12本なので、4本ずつ差しましょうか。寒色系の3色をまとめて差すとこんな感じ。

2本ずつ6色使うと。こんな感じ。全部で億パターンになるらしいけど、

やっぱり色数は少なくで、暖色、寒色でまとめたほうがいいかなって思います。

こんなの欲しい

コーヒーブログも9年目ですか。数々のコーヒー遊びをしてきた、コーヒー遊びの鬼ですから。鬼コーチとして、言わせていただきますと「遊びが足らん」

開発サイドの「コレは売れる」って作り手の期待感はわかります。

私もグラフィックデザイナーなのでクリエイターの気持ちは感じ取っています。ただ、その一方で、消費者としては、ちょっと魅力が伝わってないぞと。

私ならこんな遊びをしたい。

1 回しながら淹れる
2 もっと花に寄せてほしい

商品撮影とかする回転台ですね。花瓶に見立てて、ハリオさんのデカンタをゲットしました。

そして、カラーはパステル系が欲しい。やっぱコレ女子のための商品でしょう。

ガーデニングとかお好きな方、お花好きの方にこんなのはどうでしょう。

「ハリオSUIREN Seasons」

春夏秋冬をイメージした4種類のカラーを楽しめるセット商品にして

春はピンクで桜とか

夏は水色で、朝顔かな

秋はオレンジ、オレンジのコスモスとかあるよね。キンモクセイとか好き

冬はうすい紫かホワイトか、あ、紫でクレマチスって冬の花があるじゃん

みたいな感じでパステル系でリブ12本中4本ぐらいちょっと違うカラーがあるといいかな。

差し込みリング、ホルダーは緑で「がく片」と葉っぱをあらわして。

てな感じでパステルトーンでまとめたら、よくないですか、回転台もセット?別売りにしようか。

みたいな感じで数量限定モデルでいいので、作ってほしい。こういうの欲しい。

女子のみなさん。そう思いませんか。

コメント欄に「ほしい。それなら買う」って書き込んでもらえると、担当者さん見られるので、可能性ありますよ。

まとめ感想

手にすると、使いたくなるドリッパー

ということで、思った以上にSUIRENで淹れたくなるんですよ。

V60の02に比べると、1杯分にも使いやすいので、結構いま使用頻度高いんすよ。

単なるアイデアだけの商品でなく、普段使いもしやすいのに、なんか色々、もったいないんですよね。

誰が使うの、ターゲットと、じゃあどう伝える、のアプローチ、見せ方が、ちょっとかみ合ってない感じがしてもったいない。

ハリオさん、限定モデルでシーズンズご検討ください。「every coffee」コラボ商品ということで。

商品としては好き。

コーヒーを淹れるって行為が楽しくなる。楽しくしてくれる。かつ、コーヒーもおいしく淹れられる機能性はV60同等ということで、

今日も寄っていただきありがとうございます。よいコーヒーライフをお過ごしください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次