インドネシア/バリ神山ハニー

今月の焙煎コーヒーは「インドネシア/バリ神山ハニー」です。このところ中煎りもしくは中浅煎りぐらいのコーヒーが続いたので、久々に深煎りにしてみました。ご近所のママさんからのリクエストもありちょうどいいタイミングになりました。

個性的なインドネシアのコーヒーたち

インドネシアにコーヒーが持ち込まれたのは1699年と歴史が古く、島々からなるせいか個性的な味で、有名な銘柄が多い。スラウェシ島の「トラジャ」、スマトラ島の「マンデリン」、ジャワ島「ジャワコーヒー」、ジャコウネコに食べさせてフンから取り出した未消化のコーヒー「コピ・ルアク」など。名前は聞いたことありますよね。

バリ神山ハニーとは

インドネシア・バリ島の活火山、バツール山に広がるキンタ・マーニ高原で、栽培されたティピカ種のコーヒーです。完熟した真赤な実を、一粒一粒優しく摘み、コーヒーの甘味成分であるミュシレージを残すパルプドナチュラル精法で、南国の太陽のもと天日乾燥され、さらにハンドピックを重ね、厳選されて出荷されています。まだ知名度こそありませんが、グルメコーヒーとして評価が上がってきているのが『バリ神山ハニー』です。
生産国:インドネシア 地域:バリ島
標高:1,150m~1,650m 欠点:ほぼ無し
精選方法:パルプドナチュラル
品種:ティピカ系カルティカ等5種
収穫年度:2016/17

やっぱりインドネシアは深煎り

香りも良く、苦味にコクがあって、甘味もマイルドでバランスがよい。さらに焙煎が新しいと後味がスッキリしている。やっぱ深煎りいいよなあ。いっそ深煎り専門にしよっかな。

今日も寄っていただきありがとうございます。

世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」


エメラルドマウンテン先着5名にコースタープレゼント