「キリマンジャロ クラシック」本当のコーヒーの味に出合う

コーヒーには3大ブランドとよばれるコーヒーがあります。ブルーマウンテン・ハワイコナ ・ キリマンジャロなんですが、コーヒーブロガーなのに、なぜかキリマンジャロだけスルーしていて、1・2度ぐらいしか飲んだことがないんです。これはいかん!ということで、今月の自家焙煎コーヒーはキリマンジャロです。

キリマンジャロとは

そもそもキリマンジャロとは、アフリカ大陸最高峰の山脈、山の名前ですね。で、そのキリマンジャロ山域で収穫されたタンザニア産のコーヒーをあらわします。

キリマンジャロコーヒーの歴史は、ドイツ人・イギリス人がキリマンジャロ山域に農園を開拓し、1914年頃には200万本のコーヒーノキが栽培されるまでになったそうです。当時はイエメンに運ばれ、モカとしてヨーロッパに運ばれていたとか。

また、キリマンジャロは世界的に人気がある銘柄ではないようです。

日本でキリマンジャロがブランドとして認識されるようになったのは、ヘミングウェイ原作の『キリマンジャロの雪』という映画がきっかけであると言われています。

というように、もともとはキリマンジャロ山域で収穫されたコーヒーなんですが、人気が出てブランド名になってしまったため、 今ではキリマンジャロ山域以外で収穫されたタンザニア産のコーヒー豆全てにキリマンジャロの名前がつけられるようになりました。  

ブルーマウンテン、ハワイコナのように、国や州での厳格な規定はなく、 キリマンジャロ山域 でなくても、タンザニア産の水洗式アラビカ種コーヒー豆ならキリマンジャロと名付けて販売することができます。  

そのため近年流通しているキリマンジャロコーヒーは、ほとんどを南部地方産のものが占めています。タンザニア南部はキリマンジャロ山域と気候や地質が違うので、収穫されたコーヒーの味も異なるそうです。

キリマンジャロ山域のコーヒー豆

知ったからには、やっぱりキリマンジャロ山域のものを飲んでみたいじゃないですか。
 
で、今回ご紹介するキリマンジャロは、もともとのキリマンジャロ山域のタンザニア北部で収穫されたコーヒーです。

キリマンジャロコーヒーのなかでタンザニア北部の山域のものは約3割程度なんだそうです。

さらにキリマンジャロ州モシという標高1400m以上の区域に限定した高山地帯のコーヒー。しかも伝統的な製法で仕上げられた「キリマンジャロ クラシック」となります。

原産国:タンザニア
生産地域:タンザニア北部、キリマンジャロ州モシ
農園:複数の小規模農家
規格:AA
品種:ブルボン、ケント
精製方法:各農家でフルウォッシュド
乾燥方法:100%天日乾燥
標高:1400~1600m
収穫時期:8月~12月
カップコメント:Jasmine、Lemon,Vanilla

生豆の形状としては、大きくもなく、小さくもなく、普通かな。

虫食いや欠けている欠点豆を取り除きます。焙煎後にあらわれる貝殻豆もハンドピックします。欠点豆じゃないけど、大きい、小さいの形が揃わないものをハンドピックし、自分で飲む試し焼きにします。

焙煎度は中煎りで

中煎りにしました。香りは弱く、甘い焼き菓子のような香り。

ドリップしてみましょう

10gで深層フィルターに85℃でお湯が溜まらないように5投する「every drip」で挽き目を何回か変えながら淹れてみました。

キリマンジャロ クラシックの味は?

●中細挽きだと酸味が強い。
意外と酸味系、フルーツ系というよりレモンに近いような明るい酸味。ちょっと複雑な味、コクを感じます。

●粗挽きだと 酸味が弱くなって甘みが増す。
濃度も下がる分、コクも弱くなるかな。でも、こっちの方が飲みやすいかな。好みではありますね。

となると、この中間でしょうね。酸味と甘みのバランスを挽き目で調整する感じですかね。

●中挽きだと酸味と甘みのバランスがいい。
割と普通に味が出てくれますね。オーソドックスに淹れてもらっていいでしょう。

バランスで言うと、こんなかんじでしょうか。
酸味:★★★★☆
苦味:★★★☆☆
甘み:★★★★☆
コク:★★★☆☆
香り:★★★☆☆  

コーヒー粉にお湯をかけるだけのシンプルなコーヒー抽出方法で香りと味をみる「カッピング」というのがあります。焙煎したときは一応やるんですが、今回はこの淹れ方が1番おいしいかも、と思いました。

ひろ

酸味とほのかな甘みと、シソのようなフレーバーがあります。キリマンジャロクラシックにふさわしい味かも。

なんとなくキリマンジャロって深煎りで苦味のボディが強いというイメージがあったけど、全然違いますね。

爽やかな酸味で素朴な甘みがあり、かつ単調でないコクもあり、飲みやすい。本物の古き良きキリマンジャロコーヒー味わえてよかった。

ということで、世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」今月の焙煎コーヒーは「キリマンジャロ クラシック 」です。
コーヒー豆120g1000円(送料込)なくなり次第終了。ご注文後、焙煎して発送します。

ビター

本物のキリマンジャロ飲んでみて〜

今日も寄っていただきありがとうございます。3大コーヒーって酸味系なんだね。

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。