コーヒーの苦味を消す6つの方法

新しく買ったコーヒーが「苦味が強いな」とお口に合わないときがありますよね。福袋なんかに入ってるコーヒーとかね。この時期に結構あるあるじゃないでしょうか。「げっ。まだ、こんなにあるし、、、」と。そんなときのコーヒーの苦味を緩和する方法を紹介します。

お湯の温度を下げる

コーヒーの味の成分はお湯の温度が高いほど出やすくなります。ということは、コーヒーの成分のうち、おいしくない成分も出やすくなります。なので、熱いお湯で淹れると、苦味も渋味も出やすくなります。いつもより少し低い温度で淹れてみてください。80度ぐらいで淹れてみるとまた違う味になります。

コーヒー粉に水をかける

これも温度を下げて苦味を出さない方法です。コーヒー粉が湿るぐらいに少しだけ水をかける。低温抽出になり、少し味が変わります。全体的に低い温度にするのではなく、抽出する温度だけ低くするので、熱いコーヒーを飲みたいけど、苦味はおさえたい時はコレ。

挽き目を大きくする

コーヒー粉の粒が小さいと味がでやすくなります。その分苦味も出やすくなります。豆の状態で買っているなら、挽き目を変える、粗くすると、苦味も出にくくなります。

チョコレートを一緒に食べる

他の物を一緒に食べると、感じる味も変わります。自分の味覚をだます方法ですね。特にチョコレートはコーヒーの苦味と合います。焙煎家オオヤミノルさんも言ってました。ちょっと味に自信ないときは「チョコレート食べて待ってて」とか言って、プロも使うウラ技。

塩を入れる

ネット検索してたら、こんなのもありました。やってみましたが、あまりおすすめしません。確かにかなり緩和されますが、味自体が変わっちゃうし、塩をほんのわずかにちびちび入れては飲みしないと、一気にまずくなっちゃう。そもそも、そこまでして飲むか、、、、という。

砂糖を入れる

塩ときたら、やっぱ砂糖もあるよね。一応、挙げておきましょう。ベタですが、ビターには一番ベターな方法でしょう。シャレか。

今日も寄っていただきありがとうございます。手ごわいヤツは砂糖とミルクとチョコで。

デニムバッグプレゼント!アンケート実施中

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。