ペルーfinca guayaquil農園SLURP

今日のコーヒーはSLURPさんの定期便からペルーのfinca guayaquil農園のマイクロロットのコーヒーを紹介します。

梅のような甘酸っぱい香りとややスパイシーな香りがあるかな。

それでは当ブログのオリジナルのドリップ法「every drip」で淹れます。

ハリオV60のドリッパーを使います。ペーパーフィルターを折り曲げて3分の2の面積にします。

微粉を取った粗挽き10gに浅煎りには高温95度のお湯を5〜6回注ぎます。

微粉を取った粗挽きにすることで苦味・雑味を少なくし、注ぐ回数を多くし、濃度を上げる淹れ方です。

ペルーのマイクロロットの味は

ひろ
おっ。これは粗挽きでペーパーフィルターに合わないかも
味が出せてないですね。「every drip」はこのタイプの浅煎りには合わないんだよなあ。というかペーパーフィルターのドリップだとムリかも。

ペーパーフィルターは良くも悪くもカットしちゃう成分があるので、合わない豆もあるんだよね。これが浅煎りコーヒーのむずかしいところ。オールマイティーじゃないんすよねー。抽出方法を変える必要がありますね。

ということで、フレンチプレスで淹れてみましょう。

フレンチプレスで飲んでみて

挽き目は先程のドリップと同じにしましょう。微粉も取り除き、お湯の温度も同じ95度でやってみましょう。できました。それでは飲んでみましょう。

ひろ
うん!全然違うわ。酸味が出て味のバランスが良くなりました。繊細な味わいが組み合わさって成立してる感じですね
ペーパーフィルターだと、この繊細な味をカットしちゃって成り立たないのかもね。

細挽きでエアロプレスでも良さそう。コーヒー豆の香り自体がいいので、この香りをなるべく再現する抽出がいいでしょう。

今日も寄っていただきありがとうございます。フレンチプレス持ってるといいですよ。

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。