サターンドリッパーをレビュー!透過・浸漬式のハイブリッド抽出

今日のコーヒーはサターンコーヒードリッパーを紹介します。浅煎り・中浅煎りのスペシャルティコーヒーに注目して作られたアイテムが登場しました。

ビター

浅煎りのスペシャルティコーヒーってどう淹れたらいいか難しいよね~

ひろ

たしかに!酸味傾向が強くなるから味のバランスの見極めがいるし、そもそも、どの器具を使ったらいいのかわからない

そんな迷子のために「ドリップとフレンチプレスのいいとこどりをしちゃおう」っていうコンセプトの商品がこちら。

目次

特徴

抽出時間を自由に調整できる透過・浸漬式ハイブリッドコーヒードリッパー

少量のコーヒー豆から効率良くコーヒー成分を抽出
マグカップ一杯あたり、わずが10gのコーヒー豆で驚きの美味しさ

産地特有の香りや風味を多く含む浅煎りや中浅煎りコーヒーは、フレッシュな酸味成分も豆の中に残っていて、抽出時間が短いと酸味が強調され酸っぱいコーヒーになってしまいます。

これは、コーヒー成分が「酸味・油味→ 糖→ 食物繊維」という順にお湯に抽出されるためです。

酸味成分はお湯によく溶け、脂成分に含まれるフローラルやフルーティなどの軽い香りの多くも早い段階で抽出されるのですが、一般的な透過式のコーヒードリッパーで使われるペーパーフィルターは油脂成分の多くを吸着してしまうので、抽出時間が短いと酸っぱさばかりが強調されたコーヒーになってしまうのです。

サターンコーヒードリッパーは従来の透過式ドリッパーでは抽出が難しかった浅煎り、中浅煎りのコーヒー豆の成分を、透過・浸漬の2段階の抽出によって余すことなくお湯に移します。

ひろ

ドリップした後、フレンチプレスみたいに漬け置きで味を出して2段階のハイブリッド抽出ってことね

サイズと仕様を見ておきましょう。

【仕様】
サイズ:口径110mm、高さ40mm
材質:シリコーン(ファネル)、ステンレス(ストッパー)、ポリエチレン(フィルター)
食洗機可、熱湯可

使い方

まずカップを用意して、飲み口の直径が6.6cmから11cmまでのカップに使えます。

コーヒー粉は10gでOK。ちょっと浮かすようにセットして最初はドリップします。

残りを注いで、漬け置きの状態にする。

【浸漬時間の目安】
中煎り: 5分
浅煎り: 10分
高品質の浅煎り: 15分

ビター

ポイントは透過・浸漬の2段階の抽出にするってことですね

サターンドリッパーの味は

ひろ

うまい!
フレンチプレス浸漬法のしかっり、まろやかに、かつ、すっきり

とはいえ、ガチのスペシャルティコーヒーを使いました。豆のポテンシャルが高いので、おいしいのは当たり前。

SOT COFFEE ROASTERさんのスペシャルティコーヒー「パナマ ゲイシャ」ですからね。

メリットデメリット

メリットデメリットみていきましょう。

【デメリット】
・透過法の効果は?
・微粉が混じる
・限定的
・価格が高い

ドリップの効果がどれだけあるか?なんすけど、結局、浸漬じゃね?って思われた方もいるかもしれません。実際飲み比べてみました。左が浸漬法オンリー。右が透過法+浸漬法のハイブリッド。

ひろ

私の味見レベルじゃ明確な違いがわかりませんでした…まったく一緒とまでは言わないまでも、ほぼほぼ浸漬の味に統合されるという印象です

あとカップに微粉が混じりますが、そんなに多くないので気にならないレベル。あと、基本的に浅煎りのスペシャルティコーヒーにどうですか?という商品なので、オールマイティに使えるかは未知数です。

【メリット】
・ エコ
・ 簡単
・ 安定

まずフィルターはポリエチレンなので繰り返し使えてエコだよね。あと、スペシャルティコーヒーは抽出ムズイ問題があるけど、技術を必要としない。お湯を注ぐだけのざっくり使えて、安定した味になるっていうのはいいですね。

ビター

コーヒーオイルも味わえるし、フレンチプレスのすっきり版という感じでしょうか

まとめ感想

基本ロジックは要るかな

ある程度スペシャルティコーヒーの知識はいるかな。というのも、基本的に浅煎りのスペシャルティコーヒーにどうですか?という商品なので、 スペシャルティコーヒーの特徴とかをわかったうえで、「透過・浸漬の2段階の抽出」にこだわるなら。っていう感じ。

「透過・浸漬の2段階の抽出」の使い方をしないと、本来の商品の狙いが活かせない。

ビター

よくわからず使うと単に浸け置きを濾すだけになっちゃうね

ひろ

万人受けはしないかもだけど、コーヒーのスタートアップは応援しています

「透過・浸漬の2段階の抽出」というアプローチはおもしろいと思いますし、ドリッパー開発はコーヒーラバーの夢です。

今日も寄っていただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる