コロンビア サントゥアリオ農園 レッド ティピカ

今月の自家焙煎コーヒーは「コロンビア サントゥアリオ農園 レッド ティピカ グアヤボス」をご紹介します。 コロンビアはコーヒーの生産量の多い国ですが、同時に非常に質の高いコーヒーにも取り組んでいる農家も多く、一概にコロンビアのコーヒーはこんな味と言えない個性豊かですね。 

ひろ

コーヒーの品種でティピカ種というのは実はレアなんだって

ビター

生産の難しさから品種改良が進んだからね。今回紹介するのはティピカ100%古き良きマイルドコーヒーだよ

それでは世界40カ国以上・3000杯以上のコーヒーを飲み、自家焙煎するコーヒーマニアのコーヒーブロガーひろが自家焙煎でコロンビアのティピカ種を紹介します。

目次

ティピカ種とは

アラビカ種のなかでも、ティピカは最も古い歴史ある品種。「ティピカ」という名前はスペイン語で「典型的な」「標準的な」という意味。

15〜16世紀エチオピアからイエメンに伝わり、1658年オランダからスリランカに持ち込まれ、やがてジャワ島に伝わりました。1706年ジャワ島からアムステルダムにコーヒーの苗木が贈られて、それがカリブ海や中南米へと広がっていきました。

1967年まではコロンビアでティピカが栽培されていましたが、生産性の低さから品種改良が進み、ティピカ100%のコーヒーは今では希少になっています。

ティピカの味わいの特徴は、際立った風味に甘味ときれいな酸味にあります。

サントゥアリオ農園

よかったらシェアしてね!

\YouTubeチャンネルも見てね/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 毎月楽しみにしています。
    コロンビアの豆は大きいのが特徴だと思っていたので今まで飲んだ事があるのはきっとティピカ種では無かったんですね。勉強になりました。
    フラワードリッパーで淹れたのですがスッキリしててかつ濃厚な甘味が感じられて美味しかったです。生産の背景が分かると更に美味しく感じられますね。

  • いつもありがとうございます。コロンビアのコーヒーといえば「スプレモ」大粒で苦味とボディの大味で、大規模農園みたいなイメージありますけど、環境と品質を上げていこうという小規模農家も多いみたいですね。改めて「ティピカ種ってこんな味なんだ!」って、発見でした。酸味のバランスが抽出で変わりやすいのが、ちょっと難ですが…。格闘しながらお楽しみください。

コメントする

目次
閉じる