コーヒーの王様「ブルーマウンテンno.1」の香りや味の特徴

私はコーヒーバカなので1杯1000円以上する値段のブルーマウンテンを飲んでみました。「なぜこんなに高いんだ?」と思いつつ生豆を取り寄せて、自分で焼いて飲んでみました。日本でコーヒーと言えば、必ずブルーマウンテンの名が出てきますよね?名前を知ってる人は多いのに、実際ブルーマウンテン100%のコーヒーを飲んだことがある人は少ないのではないでしょうか。ブレンドはよくありますが、そもそも見かけませんし、こだわりの喫茶店で高い値段のブルーマウンテンを注文するには、なかなか勇気がいりますよね。そもそもブルーマウンテンとは何なのでしょう。

ブルーマウンテンとは

ジャマイカの山の名前です。「ブルーマウンテン」はジャマイカのこの山で採れたコーヒーの商標ブランドになります。

ジャマイカのコーヒーの歴史

ジャマイカにコーヒーが伝えられたのは1728年。当時のジャマイカ総督ニコラス卿がマルティニーク島から持ち込んだコーヒーノキをキングストンの丘に植えたのがはじまり。その後、統治していたイギリス政府による大規模農業が行われ、気候や土壌がコーヒー栽培に適していたため、コーヒー産業が急速に広がっていきました。ブルーマウンテンはもちろん、今でもジャマイカで生産されるコーヒーの大半はこのティピカ種です。

国に定められている商標

ジャマイカにあるブルーマウンテン山脈の標高800~1200mの限られたエリアで栽培されたコーヒー豆の商標ブランドです。しかも国の法律で決まっています。1953年ジャマイカ政府がエリアに境界線を引き、ここで生産されたコーヒーだけがブルーマウンテンの名称を使用してよいと法律で定めました。農務省及びコーヒー産業局がコーヒー産業の一切を管轄していて、コーヒー産業規制法で、ブルーマウンテンの商標を使用を細かく規定し、コーヒー産業局がブルーマウンテンの商標を許可するんだそうです。

コーヒーに最高の環境

ブルーマウンテン山脈のこのエリアは険しい斜面の山岳地帯。1日の寒暖差が平均8℃以上になり、豆が膨らんだり縮んだりを繰り返すので、引き締まり、味にコクが生まれます。また、ブルーマウンテン特有の霧がコーヒーの木に適度な水分を与え、弱酸性の土壌、豊富な雨量など、コーヒーの栽培には最高の環境がブルーマウンテン山脈の標高800~1200mの限られたエリアなんだそうです。これ以上高いと寒すぎてコーヒーが育たないそうです。ホントに一部のエリアなので生産量も限られるわけです。

No.1は等級

国が定めているだけあって、ジャマイカのコーヒーの格付け基準はとても厳しいものなんだそうです。一番品質の良い等級のものを「ブルーマウンテンNo.1」として、No.2、No.3、ピーベリー、の豆が木製の樽に詰められて輸出されます。

8割が日本に

ジャマイカのコーヒー生産量は約7000トン、世界の生産量の0.1%程ですが、そのなかのブルーマウンテンの80パーセント以上は日本に輸出されます。日本で知名度の高いブルーマウンテンは、世界では知られていないコーヒーです。逆に言うと、日本でしか飲めないことになります。

そして日本のuccがブルーマウンテンに農園を持っているのをご存知でしょうか。「ジャマイカに農園を持ちたい」という長年の夢だったucc創業者・上島忠雄さんが、コーヒーハンター川島義彰さんをスカウトし、現地に派遣して作られた「UCCブルーマウンテンコーヒー・クレイトンエステート」という農園です。まさに日本のコーヒーバカ2人による農園ですね。なんとロマンのある話でしょうか。川島さんの著書「私はコーヒーで世界を変えることにした。」 に詳しく書かれています。

ブルーマウンテンはなぜ高い?

前述のようにひとつは国が厳しく管理した狭い区画でしか栽培できず、格付け基準が厳しい高品質なコーヒーだから。もうひとつはブランディングに成功したから。戦前、ジャマイカのコーヒーが日本に入って来た時「英国王室御用達」という宣伝文句・広告コピーが使われたそうです。全く根拠のないものだったそうですが、当時のコーヒーのなかでは品質も良く、味も日本人好みだったため浸透して高級コーヒーになったということです。マーケティング的にいえば、高くても売れるから高くなるわけです。やっぱり「ブルーマウンテン」っていうネーミングがいいっすよね。わかりやすくて響きがいい。

カフェバッハで飲んでみた

私がコーヒーを飲み始めた頃2014年の話ですが、東京の「カフェバッハ」でブルーマウンテンを注文しました。コーヒーの本を何冊も出されている店主で自家焙煎の老舗です。値段は1500円くらいしたと思う。ポットで出てきて、量は多かった。当時飲んだ時は正直「特別おいしい」とは思わなかった。「へーこういう味なんだ」と受け止めた感じです。おいしくなかったわけではありません。当時の好みのタイプではなかっただけです。自分で焙煎し始めた頃で、焙煎が新しい深煎りの味にハマっていた時でしたので、タイプが全然違う。だけど、味はおぼえています。

生豆取り寄せてみた

ジャマイカの音楽が好きなこともあり、いつか「ブルーマウンテン」を焼いてみたいと思っていたところ、いい機会があったので、思い切って生豆を取り寄せました。生豆でもやっぱり高価なので、もちろん品質はいいです。
「ジャマイカ ブルーマウンテンNO.1 ブルーバロン」
原産国:ジャマイカ
生産地域:ポートランド教区スプリングヒル
生産者(農園):ブルーバロン農園(ジャマイカ・スタンダード・プロダクツ社)
クロップ:2015-2016
規格:No.1
スクリーン:17/18
品種:ティピカ
精製方法:フルウォッシュド
乾燥方法:天日および機械乾燥併用
標高:850m付近
収穫時期:10月-4月

焙煎してみた

クセもなく焼きやすかったです。一般的には浅煎りがおすすめのようですが、焼き比べ、飲み比べてみたら、私は中煎りが好きでした。「カフェバッハ」で飲んだのも、おそらく中煎りぐらいじゃないかなと思います。そこまで酸味は強くなかったので。

ブルーマウンテンの味

ブルーマウンテンの特徴としては、香りがよく、ほのかな甘み、バランスがよくて繊細なコーヒーだと思います。

そして、ちょっと淹れ方が難しいかもしれません。どうかすると味を出し切れず、「ん?」っていう物足りない印象になるかも。何度か試して、中煎り、中細挽き12g、湯温85度で150ml抽出ぐらいに落ち着きました。

まとめ

一度飲んだら十分

次も飲んでみたいか?というと、正直この値段を出してまで飲みたいとは思わない味かな。私みたいに「世界のいろんなコーヒーを飲んでみよう」というコーヒーおバカさんはいいでしょうが、それでも1回でいい。味は良くてもコスパがね…。値段ほどの味じゃないかな。

今日も寄っていただきありがとうございます。しまった記事の後味が悪い。

世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」


今月は個性的な「ミャンマーのユアガン」です。

ABOUTこの記事をかいた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら