スマホで最強!Bose QuietComfort 35 wireless headphones II レビュー

ボーズ クワイアットコンフォート35ワイヤレスヘッドホンⅡを買いました。ノイズキャンセリングもワイヤレスも初めてでしたが、使ってみないとこの良さはわかりませんでしたね。これは今ではもう手放せません。かなり大満足なので使い勝手と音の感想をレビューします。

ヘッドホンどれがいいの?

もう10年以上ヘッドホンを欲しいと思いつつ、なかなかコレだ!ってモノがなく、アマゾンの欲しいリスト、ヤフオクのウォッチリストに入れっ放しで眺めていた候補にだったのはこちら。

スタジオミュージシャン用のヘッドホン。クセのないフラットに忠実に音を再現するとかで、通ぽくね?ってちょっと見栄もあって候補に挙がってました。

DJ使用で平べったいコードが絡まりにくくていいなあと、当時はカラーリングもいい感じでしたので、第二候補に。

いっそ、安いのでいいんじゃね? 実はコスパいいんじゃね? アマゾン製品ナメんな。ということで第三候補。

どれも、ちょっと何かに欠ける。と思っていたところ、ハワイに行った時の長時間のフライトや移動の時の読書に集中できる遮音性の高いヘッドホンがやっぱ欲しいなあと需要が高まってきまして、思い切ってポチったのが「Bose QuietComfort 35 wireless headphones II ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ブラック」

開封の儀

ジャーン! 早くもヤバい。

パカっとウェーイ。同梱されているのは充電用のUSBケーブルと1.1mのオーディオコード

内側にポケットね。

キャリーバッグ外にもポケット。

めっちゃ高級感ありますね。素材がプラスチックじゃないのは、かなりポイント高いっすね。

買って気づいたこと

紙の説明書はありません。「ネット見ろや」ってことです。あとスマホにアプリを入れないといけない。飛行機用のアダプターはついていない。

ノイズキャンセリングはボーズ

ノイズキャンセリング 今では各社いろんなイヤホン・ヘッドホンがありますが、もともとはパイロット用に「Bose」が世界で最初に開発したというのはご存知でしょうか。現場のプロ使用のものが、コストダウンして商品化されたものなんです。

初めて使ってみましたが、室内にいる時も車の音とかPCのファンの音とか、機械音はかなり消してくれます。音楽を聞かなくてもノイズキャンセリングをしてるだけでもかなり違う。ブログを書く時、本を読む時、音楽を聞かないでノイズキャンセリングだけオンにしてつけてると集中力めっちゃ違う。かなり集中できる。これは想定外の効果でした。もうこれだけで買ってよかった。元はとったという感じすらします。こういうのはやっぱ体験してみないとわからないですね。

1と2の違いは?

Bose QuietComfort 35 には1と2の二つの製品のバージョンがあります。違いは3つ。「アクションボタン」と「急速充電」と「グーグルアシスタント」にあるようです。

基本、室内使用なので、「急速充電」と「グーグルアシスタント」は別にいいかなあと思いましたが、「アクションボタン」の存在はかなり大きい。ノイズキャンセリングを3段階に切り替えられるのは室内でもよく使うから、外出時ではアナウンスとか聞きたい時など、状況に応じてワンタッチでの切り換えができるボタンは必須でしょう。新バージョンにするぐらいだから、これは大きな改善点ですね。1と2どちらか悩んでいる方がいたら、迷わず2をおすすめします。このボタン1個の存在と価値はでかいです。

コードでも使える

ワイヤレスは音質が…とずっと思っていましたが、これはコードが使えます。しかもコードをつけると、音の再現性が変わります。ワイヤレスだと低音がやや強調されますが、コードありだとフラットな音になります。楽曲によってはこっちの方が合うものもありました。音質を選べるというのはユニークなポイントですね。あと、充電が無くなっても普通のヘッドホンとして再生できます。充電がないとノイズキャンセルは使えませんが、充電が無くなっても音が出るのは外出先では安心できます。

ストリーミングは音が悪い?

itunesやAMAZON PRIME MUSICは音質が…と思っていましたが、このヘッドホンはそこをかなりカバーしてくれています。過去にCDを読み込む際にAAC形式とAIFF形式とで、どれぐらい音質にさがあるのか聞き比べたことがあり、その音質があまりに違うので、びっくりしました。

そこで、このヘッドホンで同じ楽曲をCDとitunesやAMAZON PRIME MUSICで聞き比べました。すると、差がほぼないんです。耳をすっぽり覆うからか、音が立体的で臨場感があります。以前、AAC形式とAIFF形式を聞き比べた時はipodのイヤホンだったから、小さく平面的なスピーカーだと音質の差が際立っちゃうのかもしれません。

結果はストリーミングでも全然問題ない。立体的でいい音鳴らしてくれます。

コードレスめっちゃいい

室内でブログ書いたりして過ごす時は今までコードありのイヤホンをしていましたが、ひっかけたり、コードを気にしたり、していました。コードレスだと、こんなに自由なんだ!これは一度使っちゃうと、もう戻れません。音質うんぬんよりも行動の自由の方がめっちゃ価値があると思います。

つけ心地が最高

音楽を聞かずにノイズキャンセリングだけオンにして、長時間つけてますが、つけ心地いいですね。さすがに軽いとは言いませんが、そんなに重さは感じません。今までのヘッドホンは耳への締めつけ、圧迫感がありましたが、耳をすっぽり覆うタイプなので、耳が痛くなりません。家ではメガネをしていますが、メガネをつけていても痛くならないのはかなりポイント高い。

スマホ使用では最強

スマホで使うには最強でしょう。この使い勝手の良さ、音質、装着感、ノイズキャンセリング、機能、パーフェクトです!使用感も外観も機能も、すみずみまでデザインされている。使う人のことを考えられている。こういうのは好きだな。ただ「グーグルアシスタント」は今のところ出番がない。声で操作できるアプリが少ない「曲をかけて」と頼むと、youtubeかgooglePLAYかしか選べない…。

買って損なし。まちがいない!

デザイン、使い勝手、つけ心地、機能、音質、なんの問題もないです。10年待って思い切った甲斐がありました。マジで、マジで、これはいい!わずらわしさとか、ここイマイチだなみたいなのがほぼほぼない。全ての面で使い方をよく考えている、よくできた商品だなと感心しました。

今日も寄っていただきありがとうございます。いい加減な商品多いっすからね。これモノホン。

もう1記事いかがですか

音質の感想はこちら

DJが評価Boseヘッドホンおすすめの音楽ジャンルは?

2018.06.29

今月の自家焙煎コーヒー

ブルーマウンテンを半分ブレンドした「JAMAICA MIX」販売中


ABOUTこの記事をかいた人

ひろ

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら