【決定版】コーヒー初心者セット予算5000円でスタート!

コーヒー道具一式を揃えたいけど、そこそこの予算でも、おいしいコーヒーが飲みたいというあなた。コーヒー豆から挽く本格コーヒーを予算5000円で飲める初心者セットをご紹介します。
春になりました。就職進学おめでとうございます。一人暮らしなど、新生活を始めた方も多いんじゃないでしょうか。

ビター

ひと段落して、コーヒーの道具を揃えようとお考えの方もいるんじゃないでしょうか?

ひろ

そんな方に5000円で始めるコーヒーセットというのを考えてみました

コーヒーブログを7年書き、ドリッパーを20個以上所有し、様々なコーヒーアイテムをレビューしてきたコーヒーバカが予算5000円で始められて、しかも、おいしいコーヒーが飲める、しかも長く使えるというアイテムをベストチョイスします。ベストチョイスします。大事な事なので2回言いました。

参考にしてもらえると、うれしいです。

目次

前提条件

「5000円で始めるコーヒー」ではありますが、前提条件があります。
消耗品は除きます。コーヒーとペーパーフィルターは別とします。ランニングコストは除いてます。それと、お湯は沸かせるよという状態でお願いします。やかんとか、電気ケトルはあるよ。という前程でいきましょう。
あと、マグカップも含みません。あと時間を計ったりは時計とかはスマホ使ってください。

ビター

条件多いな

ひろ

すいません。さすがに、これぐらいの生活インフラは別予算でお願いします。なんせ5000円ですから

でも5000円で最大限おいしく飲めるコーヒーのためにベストチョイスします。

5000円で始めるコーヒーアイテム

それでは5000円で始めるコーヒーアイテムがこちら。

  • カリタ コーヒースプーン:55円
  • クッキングスケール:798円
  • ハリオ コーヒーミル:2100円
  • ハリオ V60ドリッパー:356円
  • KAI ねこの計量カップ:364円
  • ニトリドリップカップ:1314円
ひろ

5000円で6点買いました合計4987円しかも13円もおつりがあります

前回1000円ではじめるコーヒーに比べると、100均アイテムが減りました。その代わり、アマゾンや楽天のアイテムが多くなりました。

各アイテムの使い方も説明しながら、実際、飲んでみましょう。

カリタのコーヒースプーン

コーヒースプーンは1個持っておくと便利ですね。特に底がフラットなスプーンのほうがおすすめ。スケ―ルに乗せて計れるので。価格も安い55円。ということで、買っておきましょう。

クッキングスケール

まずコーヒー豆の重さを計ります。わざわざスケールを買ったのは1杯分をなるべく定量にしたい。毎回同じ量にしたいので、スケールを買いました。
あと、スケールがあれば、お湯を注ぐ量もカウントできます。
これでコーヒードリップがかなり正確になり、おいしくなります。
「うわメンドクサっ」て思われたかもしれませんが、「5000円で最大限おいしく飲めるコーヒー」がテーマなので、計りましょう。

コーヒー1杯10gでいきます。

ハリオコーヒーミル

次は豆を挽きます。

「うわメンドクサっ」て思われたかもしれませんが、「5000円で最大限おいしく飲めるコーヒー」がテーマなので、挽いてください。
コーヒー豆を投入して、挽きます。中挽きで挽いていきます。挽き目がわからなかったら、市販のコーヒー粉を買ってこれぐらいか。って確認してください。
コーヒー豆から粉ができました。ほらいい香りです。
>美味しいコーヒーにするには、飲む直前に豆を挽くことが重要です

毎回挽くのであれば、スリムでもいいんですが、毎回メンドクセならこの大きい方がおすすめです。
フタがついてるので、まとめて挽いてしまって,そのまま容器として使えます。

ハリオV60

ドリップには、ヌケがいい円錐形のドリッパーを使いたいので、ハリオV60を買いました。
これにペーパーフィルターをセットして粉を入れます。

貝印 KAI ねこの計量カップ

サーバー代わりです。抽出量も計れるので1石2鳥です。これは金額縛りでなくても、フツーに私が使っているアイテムです。にゃんこがかわいいでしょ。でもコーヒーが入ると、クロネコさんは見えなくなってしまうという。

ニトリドリップカップ シルバー

予算5000円だとドリップポットが買えました。
やかんや電気ケトルから直接だと、沸騰したてのグツグツを注ぐことになってしまいます。そうすると、苦味雑味が出やすいので、90度前後のお湯に冷ましたい。
やかんやケトルのフタを開けて冷めるまで待つだと、温度もあいまいになってしまいます。
別の容器に移し替えると、ちょうど90度前後のお湯になります。
細口は注ぎやすくなります。

使ってみた

ということで、この6点でドリップコーヒーが飲めます。
では注いでいきます。
おおお、いいカンジです。

コーヒードリップは注ぐ回数や注ぎ方で味を調整する部分もあるので、細く注げて、湯キレがよくて、コントロールしやすいのがいい。

豆の量を計かり、注ぐ量も計れて、豆を挽き、粉の粒の大きさも変えれて、円錐形ドリッパーにピンポイントで注げて、サーバーもあって、5000円ですよ。自分がコーヒーを始めるとき知りたかったよ。
でも当時はこんな安くていい道具も少なかったんですよね。ここ数年でコーヒーアイテムは安く手に入れられるようになったよね。てなカンジで。ほら、できました。ぜんぜん問題ないすね。
とはいえコーヒーは実際飲んでみるまでは、わからない。
5000円で揃えたコーヒーアイテムで淹れたコーヒー飲んでみましょう。

ひろ

うまい!


「下手の道具調べ」ですよ。
下手な人に限って、道具の良い悪いに、こだわり、道具ばかり選びたがる、ということらしいです。
普段コーヒーアイテムをレビューしている私へのDISでしょうか。ま、それは置いといて、要するに何がいいたいかと言うと。

ビター

道具は高い安いでなく、ちゃんと機能するかが大事ですね

ちゃんと機能する道具をメンテしながら使い慣れていけば、問題なしですよ。ってコト。

まとめ

5000円で始めるコーヒーは結構うまい!

いい感じです。使用感的にも、味的にも、問題ないっす。
前回は予算1000円だったので、使用感でちょっと苦しいところもありましたが、今回5000円なので、だいぶパワーアップできました。

このセットで、2~3年ぐらいはもつんじゃないですかね。
アイテムの耐久性の寿命じゃなくて、興味の寿命ね。
ま、ハマっていったら、「もっとこうしたい、ああしたい」が出てくるのでそんときは各アイテムをパワーアップさせればいい。
ブログにいろいろアイテムレビューしてるので参考にしてください。
予算5000円チョイスですが、スタートアップの設備としては問題ないので、サクッとおうちでおいしいコーヒー飲んでください。

ひろ

私は初心者の方にはフラワードリッパーのほうをおすすめしています

湯だまりしにくいので、おすすめですが、値段縛りだと、フラワードリッパーは700円するので、今回はハリオチョイスになりました。予算がある方は「フラワードリッパー」もご検討ください。

HARIO V60ドリップケトル・エアー

一般的なドリップポットでなく、見たことない、なんか変な形ですが、お湯が見えると、かなり注ぎやすくなるので、購入してみたんですが、お湯の量が少ないと、変な方向にお湯が落ちたり、湯切れが悪かったりで、ちょっと違和感あったんですよね。
お湯が見えるというのはイイんですが、コントロール面で私には合わなかったので、選出からもれました。

ベストチョイスの使命があるので、ちゃんと買って試した中から選んだよ。
ということで、おいしいコーヒーで新生活いってらっしゃい。5000円で始めるコーヒーというお話でした。

今日も寄っていただきありがとうございます。もうちょっと予算ある方はこちら。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる