【2度おいしい】コーヒー習慣2杯分抽出のススメ!朝ホット・昼アイスでクールコーヒー!

新しいコーヒーの飲み方の習慣をご紹介します。みなさんはどういう飲み方をしていますか。

超個人的なコーヒー習慣の話ですが、ちょっと新しい発見があったのでシェアしたいと思いました。

私は朝ホットを1杯分淹れて飲む。夕食後はマシンでネスプレッソを飲む。

というカンジでしたが、コーヒーを飲み始めて8年目にして、ちょっとした変化と発見があり、

2杯分を抽出して、朝にホットを1杯、昼にアイスコーヒーを1杯飲むようになりました。

2杯分をドリップしたほうがおいしい

平日仕事の前に1杯仕立てでコーヒーを淹れて飲んでいました。休みの日、妻からオーダーが入れば2杯分を淹れていました。同じ割合でも2杯分のほうが安定しておいしいと感じていました。

1杯 コーヒー粉10gで150ml抽出するよりも、2杯コーヒー粉20gで300ml抽出したほうがおいしい。

検証していない感覚値だけですが、「1杯仕立てはむずかしい」と言われるプロの方もいたような気がします。

コーヒー抽出世界チャンピオンの粕谷哲さんは大会で2杯仕立てで3つのドリッパーとサーバーを使ってましたね。

ひろ

ハリオの2〜4杯用のドリッパーを買ったので、使っていたら2杯仕立ての味に引き寄せられていってしまった。

1杯は朝ホットで飲むとして、もう1杯はどうするか。

惰性でコーヒーサーバーに入れたままにして、昼に飲んだりしていましたが、もっとおいしい飲み方を見つけました。

冷蔵庫で冷やすクールコーヒー

会社でも2杯仕立てで淹れるようになり、冷蔵庫で保管して昼食時に飲むようになりました。

これがうまいんです。

やっぱ常温より冷やしたほうが飲みやすいし、逆に蜜のような甘みも感じます。

コーヒーハンター川島良彰さんが「コーヒーはフルーツジュースだ」と言われていて、「それはちょっと言い過ぎじゃないの….」と思っていましたが、まんざら言いすぎじゃないかもよと思えてきました。

通常のアイスコーヒーは深煎りのコーヒーを濃く抽出するのが一般的です。この一般的なアイスコーヒーもおいしいけど、あんまり豆の個性を楽しめる飲み方ではないよな。

究極のアイスコーヒーの作り方は氷を使った急冷式!

私は普通に抽出して冷やすだけのアイスコーヒーの方が好きになってしまった。コーヒー豆の個性がでるし、氷で薄くならないし、味を楽しめるんですよ。

でも、ちょっと慣れは必要かも。ふつうの人が飲んだら、「うすい」「すっぱい」って反応が多そう。いきなり「おいしい!」じゃないだろうね、やっぱり一般的なアイスコーヒーの淹れ方じゃないし、「こんなのアイスコーヒーじゃねえよ」と言われてしまうので、アイスコーヒーと区別したいので「クールコーヒー」と呼ぶことにします。

普通にドリップしたのをそのまま冷蔵庫で冷やしたものを「クールコーヒー」

ひろ

いいじゃん!なんか新しい風を感じるよ。フォースウェーブとか言うと、またいろいろ言われちゃうから。風。ファーストウィンドウ!

ビター

もういいよ!ややこしい!いろいろ思いつきをのっけないで!

計量カップごとは場所をとりすぎるから、小さいボトルに入れて冷やしておくとそのまま飲めてさらにいい。

いいコーヒーはさめても、うまい    

最近はこのクールコーヒーにハマってしまって、朝のホットコーヒーの温かさが邪魔だなあとすら、感じることがあります。コーヒーの味を感じたいのに熱が邪魔するんですよ。熱が味の輪郭をぼやかすんです。

ただ、クールコーヒーには条件があります。

「豆がいい」こと。

スペシャルティであったり、酸味がおいしいコーヒーが特に冷めてもおいしい。これに気づくきっかけになったのが、カフェ―パウリスタ「森のコーヒー」。

ひろ

「森のコーヒー」のクールコーヒーが最強!さわやかな酸味に一瞬、蜜のような甘みが現れたかと思えば、果実のみずみずしい爽快感に消える刹那よ

【驚愕のうまさ】銀座カフェーパウリスタ森のコーヒー定期便がおすすめすぎる件

コーヒー習慣まとめ

朝に2杯分を抽出して朝にホットを1杯飲み、
もう1杯を冷蔵庫で冷やして、昼にクールコーヒーを飲む。

同じコーヒーを2度楽しめます。

これをやりだしてから、コーヒーの味の分析が上がったような気がします。ホットでは気づかなかった味を発見できます。

ま、一度だまされたと思ってホットをそのまま冷蔵庫に入れて飲んでみてください。いきなり「うまい!」はないかもですが、「意外とアリかも」と思えたら脈アリです。

ビター

食後に飲み出したらクールコーヒーのおいしさにハマるかもね

今日も寄っていただきありがとうございます。サーバー代わりに耐熱計量カップがおすすめです。

every coffeeオンラインストア


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。