ここが違う!コーヒードリップフィルターの種類と特徴まとめ

コーヒーのドリップフィルターにも色々ありますね。同じ豆で同じ淹れ方をしても、フィルターを変えると、また違った味わいになります。ということは好きなコーヒーをいろんな味で楽しめますよね。ではドリップフィルターの種類と特徴をまとめてみました。

フィルターの種類は3種類

まずはフィルターの材質の違いで見ていきましょう。おもには紙か、布か、金属になります。セラミックというのもありますが、コーヒー粉がすぐつまるので、あまりおすすめしません。

ペーパーフィルター

最も一般的なドリップフィルターはなんといってもペーパーフィルターですね。カタチが台形型と円錐型があります。このカタチの違いによって、味も変わります。もっと正確に言うと、お湯と粉の接触時間の違いが味の違いになります。
メリット:後片付けがラク

【ハリオ】V60ドリッパーはコーヒーを始める人におすすめ!

2015年3月15日

ネルフィルター

最近ハマっているのがネルドリップです。保存や手入れが面倒だったのですが、洗って冷凍庫に入れるだけの方法であれば、使えるかなと。味が変わるというよりも、口当たりが変わる。このまろやかさを味わっちゃうと、もう戻れません。
メリット:まろやかな口当たり

ネルドリップの特徴まろやかさが格別!ペーパードリップと飲み比べてわかった

2017年12月3日

ステンレスフィルター

ステンレスフィルターと紙フィルターを同じ条件で同時に淹れて飲み比べたら、意外にもまったく同じ味になりました。私が買ったものがたまたまそうなのか、他もそうなのかはわかりません。ドリップではなく、フレンチプレスのように漬け置きにして使うと、違う味を味わえます。
メリット:ずっと使えて経済的

コーヒーブログのステンレスフィルターの記事

マジか!コーヒーのステンレス金属フィルター裏切りの真実!

2017年2月18日

いかがだったでしょうか。同時に淹れて飲み比べると、その差がはっきりします。実験的にやってみるのも楽しいですよ。

今日も寄っていただきありがとうございます。特にネルはおすすめですね。

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。