ネルドリップとペーパードリップ飲み比べたら、まろやかさが段違いにヤバい件

数年ぶりにネルドリップをやってみます。ネルは使い始めも後処理も保存もとにかく面倒なのですが、ブログの記事のためだけに買いました。さて、そのネルドリップの味とは? たしかペーパードリップとたいして変わらなかったんだよなあ。

ペーパードリップとネルドリップを飲み比べ

全く同じ条件でペパードリップも同時に淹れて飲み比べてみます。ペーパードリップは形状も似ているハリオV60を使います。

コーヒー粉:中挽き10g
温度:85度
蒸らし:30秒
お湯4投:20ml→60ml→100ml→150ml
抽出:1杯150ml

ネルドリップの淹れ方

ペーパードリップと一緒ですね。中心にお湯を落とす。「の」の字を書くように少しだけ外側に広げる。


水の通り具合が違いますね。落ちるのがだいぶ早い。お湯が貯まる間隔は違うから、味に影響しそうです。


できました。では、飲んでみましょう。

メッチャまろやかやんか!

口に含んだ質感が全然違う! マジか! えーーーーこんなに違う? 


口当たりがとにかくやわらかい。飲み比べるとペーパードリップはバーンと硬いんですよ。口に含んだ質感が全然違う。味と香りはそんなに変わらないけど、飲みやすい分、ネルの方が味も感じやすい。味わいやすい。2つ同時にあったら、ペーパードリップはもう飲めないぐらい違う。冷えたら、違いがなくなるんだけど、温かい高温帯での質感は全然違う。

数年ぶりにネル使いましたが、経験値上がってますから、違いがわかるようになった分、まさかの大発見!!これはヤバい!ってカンジです。うわーこれは戻れないかもなー。

今日も寄っていただきありがとうございます。ネルおじさん誕生か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。