グアテマラ/パストーレス ピーベリー

今月の自家焙煎コーヒーは「グアテマラ/パストーレス ピーベリー」です。

ひろ

ピーベリーはコロコロした丸い豆なんだよ

ビター

通常コーヒーの実に2つの種(豆)が入っているけど、1つしか入っていない豆がピーベリーね

それでは世界40カ国以上・3000杯以上のコーヒーを飲み、自家焙煎するコーヒーマニアのコーヒーブロガーひろが「グアテマラ/パストーレス ピーベリー」をご紹介します。

目次

ピーベリーとは?

左:ピーベリー 右:通常の豆

コーヒー豆は、豆って言っていますが、コーヒーの木になる実の種です。コーヒーの実(み)は1つの果実に2つの種が平らな面を向かい合わせにして入っています。これがふつうのコーヒー豆。しかし、コーヒーノキの先端の実は種が1粒だけになるものがあり、これが「ピーベリー」。丸豆って呼ばれているように写真左の丸っこいのがわかるでしょうか。

そしてピーベリーが含まれる割合は、収穫量の3~5%程度だそうです。形が違うので、通常はじかれて出荷されないものですが、逆にこれだけを集めて高値で取引されることもあるとか。「ピーベリーの方が通常の豆より香味が強い」と評価するコーヒーの専門家もいるそうです。

「丸い形状なので、火の通りがいい」と言われることもありますが、実際焼いてる身からすると、焙煎での違いはミクロすぎる話なので、あまりその差は感じません。

ピーベリーの生豆は

パストーレスはアンティグアの水洗工場のようです。運ばれたチェリーは脱穀され、100%自然発酵、洗浄。全てのパーチメントは天日乾燥されロット毎のサンプルがカップテストされ、厳しい基準をクリアした高品質の豆が袋詰めされる前にロット当り100人以上の女性の手で選別されているそうです。

品名:パストーレス ピーベリー
生産国:グァテマラ共和国
地域:アンティグア
規格:SHB ピーベリー
スクリーン:13up
標高:1,350〜1,650m
欠点:カウント無し
精選方法:フリイウォッシュド
品種:ブルボン
収穫年度:2020/2021

ピーベリーは小ぶりで丸い形状が特徴です。

虫食いや欠けている欠点豆を取り除きます。焙煎後にあらわれる貝殻豆もハンドピックします。欠点豆じゃないけど、大きい、小さいの形が揃わないものをハンドピックし、自分で飲む試し焼きにします。

焙煎度は中深煎りで

中煎りにしました。焼き菓子のような甘い香りがメインかな。

ドリップ

ハリオV60で中粗挽き10gを88℃のお湯で150mlで淹れました。では、飲んでみましょう。

グアテマラのピーベリーの味は?

ひろ

あっやさしい!まろやかな、ふわっとしたカンジ

甘み、コク、後味にカカオテイスト。ホッとするなあ。ピーベリーはボディが強いってイメージですが、そんなに強くはないかな。グアテマラらしい甘みがありますね。

酸味:★★★☆☆
苦味:★★☆☆☆
甘み:★★★★☆
コク:★★★☆☆
香り:★★★☆☆

同じ農園の同じ収穫時期のピーベリーと通常の豆とを飲み比べてないので、実際のその差はわからないのですが、ピーベリーなんか好きなんですよね。

ということで、世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」今月の焙煎コーヒーは「 グアテマラ/パストーレス ピーベリー」です。コーヒー豆150g1000円(送料込)

ビター

ご注文を受けて焙煎してます

今日も寄っていただきありがとうございます。今まで飲んだピーベリーで一番好き。

よかったらシェアしてね!

\YouTubeチャンネルも見てね/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメント一覧 (4件)

  • いつも商品レビューや豆の解説、楽しみに拝読しています。
    これからもチェックさせていただきます、応援しています!

  • コメントいただきありがとうございます。励みになります。ちょいちょい間違ってたりするので、ツッコミもふくめて、リクエスト質問など、気軽にコメントください。

  • いつも楽しみにしています。
    グアテマラはコーヒーにハマり出した時によく飲んでいたんですがグアテマラのピーベリーは多分初めて飲みました。正統派というのかとてもバランスがとれた味わいで美味しいです。色々なコーヒーを飲むようになりましたがやっぱりグアテマラは良いですね。気分が落ち着きます。

  • いつもありがとうございます。グアテマラのコーヒーは間違いないってカンジですよね。実際、ピーベリーと普通の豆とで飲み比べたわけじゃないのですが、ピーベリーの香りが立っている感じが好きなんですよね。寒くなってくると、落ち着いた味わいが恋しくなります。

コメントする

目次
閉じる