おいしいインスタントコーヒーの作り方「uccカップはなつかしい味」

インスタントコーヒーのおいしい作り方をご紹介します。ちょっとしたひと工夫でおいしくなるのをご存知ですか。インスタントはまずいってコーヒーオタクな私は思っていましたが、とんでもない大バカ野郎だったと反省し、「UCC カップコーヒー」がNo.1カップコーヒーとして愛され続けるロングセラーの理由がわかりました!

成分を見てみますと、コロンビアとブラジルのコーヒーを使っているようです。

よく見かける商品ですが、なにげに初めて買ったので「1杯50円か高いなあ」って思いましたが、コーヒーと砂糖とクリームがついて、カップとマドラーもあるので、いつでもどこでも、とにかくお湯さえあればコーヒーが飲めますよーという商品なんですね。

よく見るとデザインがレトロでかわいいですね。

これがコーヒーが入った袋ですね。

開けて見てみましょう。

目次

フリーズドライ法

インスタントにはいくつか種類がありますが、これはフリーズドライ法という種類になります。

コーヒー液をマイナス40℃以下で凍結させた後に細かく砕き、真空状態にして水分を蒸発させる方法。スプレードライ法よりも香味が損なわれないけど、製造に手間がかかるためフリーズドライのほうが価格は高くなります。

これにお湯を入れればコーヒーの出来上がり!というのがインスタントコーヒーですが、おいしくするにはここでひと工夫します。

おいしいインスタントの作り方

水で溶いてペースト状にする

熱いお湯をいれると固まりやすく、ダマになってしまうので、最初に水で溶かすことでムラが出にくくなり、まろやかになるそうです。

せっかくなので、飲み比べてみましょう。左が「水溶きver」右が「通常ver」それぞれに同じ量のお湯を注ぎます。
ここでもひと工夫。溶けやすくするために

2、3回に分けて注ぎます。

できました。では飲んでみましょう。

水溶きインスタントコーヒーの味は

  • 水溶きverは、酸味が出る・品がいい・香りは弱い
  • 通常verは、雑なにおい・苦味っぽいちょっと雑な味・だけど懐かしい

たしかに「水溶きver」は品が良くなります。

でも、なつかしい味なのは「通常ver」だね。「これはこれでいいんじゃん」と思っちゃった!

確かに飲み比べるとおいしいけど、実際やってみたら水で溶くのは結構面倒だったので、どっちでもいいかな。面倒くさくないのがインスタントの良さでもあるからね。

シュガーとクリームを入れよう

せっかくなので、砂糖とクリームを入れて味わってみます。

ひろ
おいいしくなる白い粉だよ〜

uccカップの味は

ひろ
おおおおおお!なつかしい味!はああ〜っ!
なんかねー。味とかじゃなくて違う何かが反応した!子どもの頃の感覚!ザ昭和!80年代!これおもしれー!

親戚のじいちゃん、ばあちゃん、近所のお兄さんのけいちゃん、とか思い出しちゃったな。はっきり覚えていませんが、きっと子どもの頃、飲んだことがあるんでしょうね。我が家ではコーヒー飲む人がいなかったので、よく行っていた親戚の家か、近所のお兄ちゃんの家か、ヨソで飲んだんでしょう。

uccすげーな!そっかあー。変わらぬ味を作り続けるって、こういう事なんですね。

ずっと変わらないパッケージで誰が買うん?とか思ってたけど、とんでもないですよ。こういう効果というか、うれしさを提供してくれるとは!

インスタントちょっとバカにしてたけど、すいませんでした。ずっと変わらず提供していただき、ありがとうございます。uccさんマジリスペクトです。

ビター
何かをバカにしてたら喜びも小さくなっちゃうよ


今日も寄っていただきありがとうございます。本当そうだね。うれしいコーヒーに出合う旅は続く。

もう一杯おかわりいかがですか

あわせて読みたい
イニックINIC coffeeおしゃれなコーヒーギフトがまさかの味! お湯を注ぐだけのインスタントなのに本格的なコーヒーの味。コーヒー好きの人のなかには「インスタントは...」と拒否反応もあるでしょうが、結構すごいですよ。よくここ...
あわせて読みたい
ネスレ【香味焙煎ディップスタイル】濃厚 クンディナマルカ ブレンド飲んでみた お茶パックにコーヒーを詰めたら、お湯を注ぐだけで飲める!と新スタイルの飲み方を発見をしたつもりでしたが、グローバルな大企業が商品化していたので、徹底検証して...

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次