カルディの試飲コーヒーを「砂糖なしのブラックで」と言ってみた

ネットを徘徊してたら、「KALDIの店頭で配っているコーヒーは砂糖が入っていないブラックコーヒーにできる」と、2チャンネル風のサイトを見かけました。本当かどうか怪しいので確かめに行きましょう。体当たりのガチレポートです。

店頭で配っている例のコーヒー

今日もお店の前でカワイ子ちゃんが配っています。もうすでにマーケティングが仕掛けられているようにも感じます。あんなかわいい子に差し出されたら、受け取る以外の選択肢は男にはないわけです。それを断って、しかも「砂糖なしをくれ」なんて要求できるはずないじゃないですか。「メンドクサ」なんて顔されたら、私のガラスのハートは割れまくりですよ、、、帰りたくなってきました。しかし、ここで帰ったらさすがに記事にならないので、思い切って突入です。

「コーヒーいかがですか」

カワイ子ちゃんが差し出してきました(汗)勇気をふり絞って聞いてみました。

すいません、砂糖なしにできますか?

「はい」(ニコッ)

あっさり、砂糖なしのブラックを手渡されました。

エーーーーーーー。マジでーーーーーーーー。

過去の記事「なぜカルディKALDIのコーヒーは甘いのか?」で糖分を取ると脳科学的に買い物をしたくなるので、あれはマーケティング的にやっているに違いないとか書いたけど、説得力ゼロになったわ!ブログつぶしか!えー。なくねー。結構人気記事だったのにー。なんなん!?

2つ用意されている


カワイ子ちゃんがレジに借り出されたすきにこっそり見てみたら、ちゃんと2つポットがありました。私のようなめんどくさい人がやっぱりいるのでしょう。表向きに言わないけど、一応用意してるんだね。ということで、ネットで見かけた「カルディのコーヒーは砂糖なしのブラックにしてくれる」は本当でした。しかも笑顔で。

で、砂糖が入ってようが、なかろうが、やっぱり買い物してしまった。

しかもなぜかパクチーを。パクチーそんなに好きじゃないのに、、、なぜ?

今日も寄っていただきありがとうございます。カルディは店内に入ったら冷静な判断を失うの法則。パクチーはうまかった。

世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」


エメラルドマウンテン先着5名にコースタープレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。