カルディの試飲コーヒーが甘い理由に涙!家で作ったら数倍うまかった話

カルディの店頭でコーヒーを配っていますよね。あのコーヒーってすごく甘くないですか。あれのせいで「カルディのコーヒーまずい 」と言う友達もいますが、なんであんなに甘いのか?って話ですよね。私も昔はもらって飲んでたんですけど、あることを知ってから、遠慮するようになりました。

そもそもなぜコーヒーを配っているのだろう?

1.集客のため…単純にお客さん集め。ま、それもあると思います。
2.販促のため…試飲してコーヒーを買ってもらう。スーパーの試食させるヤツね。ま、それもあると思います。
3.販促のため…返報性の原理。人は「もらったら返さないと」と心理がはたらく。ま、それもあると思います。

でも、あんなに甘くする必要ないよね。あんなに甘いとコーヒーの味わかんないじゃないですか。ブラックコーヒーが好きな人からしたら、甘すぎて逆効果じゃん。そのぶん砂糖代もかかるし、なんでだろう。と思っていたところ、脳科学的な本を読んでいてヒントになることがありました。

脳科学的に甘いものは…

脳は糖分を摂取すると、報酬系と言われる回路が働き、ドーパミンやら、なんやら出しまくって、「もっともっと」と求める状態になるんだって。

つまり甘いものを取ると、ほしくなる。買いたくなる。

アメリカの大学での実験結果もあって、糖分を摂取したグループは摂取してないグループより、余計な買い物を多くしてしまったとか。これを知ったとき「あっカルディのコーヒーこれだ!」ってすぐ思ったんですよ。

タダほど高いものはない

カルディのコーヒーを「わーい、タダやー。ちょうだーい」って飲んでいると、あなたの脳は報酬をもっとくれ、もっとくれと活発にドーパミンを出し、無意識にほしいほしいモードになって店内に入っていくわけです。目についたものが買わずにはいられなくなるでしょう。危険ですねー。

「なぜカルディのコーヒーは甘いのか?」というと、お客さんの脳に購買意欲を起こさせるために砂糖を多めに入れているのかもしれません。

甘い誘惑にご注意を。

で、写真だけ撮って帰ろうとしたら、結局、買い物してしまった、、、


後日、ある本を読んでいたら、カルディのコーヒーサービスはアメリカ的な脳科学マーケティングでないということがわかりました。

やっぱり販促のため始まった

カルディってスタバと同じようにアメリカのお店だと思っていましたが、 カルディは純粋な日本企業です。 「カルディコーヒーファーム」(株式会社キャメル珈琲)直営店341店(2014年時点)1986年東京・下高井戸駅前に1号店が開店。もともとは喫茶店にコーヒー豆を卸す焙煎業で、取引先の「業務用パスタソースもほしい」といった要望に応えて品揃えを拡大していき、小売業を始めたそうです。

店頭で配っているコーヒーサービスは1992年に夏の需要が減る時期をなんとかしようと下北沢店ではじめたところ、売上が伸びたので、今に続いているということです。

カフェと日本人

【書評】日本のコーヒー文化がわかる「カフェと日本人」高井尚之

2018年12月1日

砂糖なしのブラックに

この店頭で配っているコーヒーサービス実はブラックにできるんです。ウソか本当かわからないネットの情報をこの内向的文化系オタク気質なコーヒーおじさんが勇気をふりしぼって、ガチで検証した過去記事がこちら。

カルディの試飲コーヒーを「砂糖なしのブラックで」と言ってみた

2017年10月15日

家でも作れる

甘いから砂糖だと思ってたけど、色もそうだし、味的にもクリームも入ってるよね。買ってほしくて配っているぐらいだから、もちろんお店の商品でしょうし、店員さんに聞いてみたら、

使っている商品は、夏は「アイスブレンド」それ以外は「マイルドカルディ」を使っていて、それに「クリーミーシュガーパウダー」を入れているそうです。どちらもカルディのオリジナル商品です。

アイスブレンド

夏はこのアイスブレンドを使っているそうです。ホットでも飲めるそうなので、今回はホットコーヒーにしてみましょう。

クリーミーシュガーパウダー

基本、コーヒーはブラックで飲むので、量が少ないスティックタイプにしました。

アイスブレンドでホットコーヒーを淹れました。これにシュガーパウダーを入れれば、おウチでもカルディのあのコーヒー が飲めるというわけです。さっと溶けて、かき混ぜたら、あの色になりましたね。それでは飲んでみましょう。

ていうか店で飲むよりうまい!

マジか!お店で飲むヤツの数倍うまいけど、どういうこと?同じものを使っているはずなのに?私のコーヒーの淹れ方が遂に神の域に達したのか?いや、

ひろ
出来たてだからだ!

単に温度ですね。出来たてはやっぱ香りも味もいい。確かにカルディの店頭で配っているコーヒーは作り置きで保温してるから、時間も経っているし、微妙にあったかいぐらいだよね。

冷めたブラックコーヒーは酸味が強くなるし、飲みなれてないと直感的に「おいしくない」って拒否反応でちゃうんだよね。

そうだ、そうだ。コーヒーの味をみるためのカッピングとかして、味の分析をしたいって人は冷めたブラックコーヒーも飲めるけど、ふつうは冷めたコーヒーおいしくないもんね。私も飲み始めた頃、冷めたコーヒー飲めなかったな。ということは、

ビター
カルディの試飲コーヒーが甘いのは冷めてもみんなにおいしく飲んでもらうため

という企業努力なのかもね。

いや絶対そうや。カルディすげえ!お客さんへの愛を感じる!

「あれは儲けるための脳科学的マーケティングだー!」なんて邪推ですよ。ブロガーのバカさと言ったら、ホント浅はかで恥ずかしい。日本人はそんなことしません。もっとお客様をみてますよ。サービスですよ。すばらしい。感動した!

すいませんでしたカルディさん。全力で応援します。

今日も寄っていただきありがとうございます。今はコーヒーサービスもらって飲んでます。

デニムバッグプレゼント!アンケート実施中

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。