意外にアリな味!レモンコーヒーの作り方と飲んだ感想

レモンコーヒーってご存知ですか? コーヒーにレモンスライスを入れるそうです。そんなの絶対まずいと思いがちですが、日本では見かけないけどイタリアやロシアではメジャーらしいです。頭痛やダイエットにいい等の効果もあるそうです。コーヒーはブラック派の人からしたら、邪道感ハンパないですよね。ブログの記事も他に思いつかないので、渋々やってみました。

レモンコーヒー作り方

と言ってもレモンをスライスして、コーヒーに入れるだけ。

まったく別物!

できました。では、飲んでみましょう。

ウソウソウソ!マジか!これ好き!

えーーーーー。レモンティーより好きかも。これすごい!アリやんか。ぜんぜんアリやんか。

味はレモンティー風です。そうかレモンティーの味ってレモンの成分が主なんだね。紅茶の方だと思ってたけど。レモンティーが好きな人はぜひ一度味わっていただきたい。私もレモンティー好きの人なので、これはびっくり。

もっと早くやってみればよかった。アレンジコーヒーのなかではトップクラスでアリです。

コーヒー本来の味は無くなりますが、別物としてリボーンする感じ。

こんな人こんな時におすすめ

  • 飲まず嫌いのコーヒー好きの人
  • レモンティーが好きな人
  • コーヒーが苦手な人
  • 朝シャキッとしたいとき
  • 口に合わないコーヒーを買ってしまったとき

まとめ

気に入ったので、何回かやってみました。レモンをマグカップに最初から入れておくよりも、コーヒーを淹れたあと、飲む直前に入れた方が、コーヒーの味も感じながら、だんだんレモンコーヒーになっていく微妙な変化が楽しめてよかった。なんなら一口目はコーヒーだけの状態を飲んで、レモンを投入する。コーヒーの味も味わっておくといい。レモンを入れたら最後、全く別物になっちゃうよ。浅煎りのコーヒーはよりレモンティーっぽい。深煎りはまた違った味わいで、どちらもアリでした。

今日も寄っていただきありがとうございます。何事もやってみるもんだね。

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

ABOUTこの記事をかいた人

ひろ

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら