酸っぱいスペシャルティコーヒーは本当においしい?

カフェなんかにコーヒーをフルーツに例えて書いてあるを見たことありますよね?「そんな味しないし」もしくは「酸っぱい」と思ったことがある人も多いのではないでしょうか。コーヒーは好きだけど、酸っぱいコーヒーが苦手な人もいますよね。私もそうでした。「自分は味がわからない人ではないか?」と負い目を感じたり、おしゃれな店員さんに「バカにされる、見下される」とビクビクして、わかってるふりをしたこともありました。

コーヒーのフルーティー問題

ずっとコーヒーをフルーツに例えるのがどうも苦手でした。しかし、コーヒー抽出の世界チャンピオンのコーヒーやスペシャルティコーヒー協会のコーヒーを飲んでみてわかったんです。コーヒーに果物っぽさはあります。確かにあります。オレンジやレモンのような酸味のコーヒーを味わいました。ただ、一般的に買いやすい価格のコーヒーは、そこまではっきりした味わいではありません。かすかにそういう味の要素もあるかもね、ぐらいのもんです。ただ、そう書かないと売れないので、書いているのではないか。これが一応の答えだったんです。

酸っぱいコーヒー問題

スペシャルティコーヒー協会のカッピングセミナー(過去記事スペシャルティコーヒーカッピング体験セミナー行ってきた)ではレモンのような酸っぱいコーヒーを高評価していました。なぜそんなことになるのか?

スペシャルティコーヒーのカッピングが酸味と甘味しか評価しないからではないかと思ったんです。

スペシャルティコーヒーの発祥はアメリカ。アメリカの味覚感覚の基準。欧米人は酸味好きなんですよ。ポテトチップスでもサワーオニオンとかあるでしょ。そして、その結果、すっぱいコーヒーが高評価となった。うーん、それがうまいコーヒーと思えるか。スペシャルティコーヒーの評価と自分の評価が違うと、なんか違和感あるじゃないですか。「いいコーヒー イコール おいしいコーヒー」って思いたいじゃないですか。モヤモヤしますよね。

自分の好みの味を知る

この問題を解決するには、自分の好みを知ることだと思いました。スペシャルティの評価基準と自分の好みのどこが違うのかと、色々考えてわかったんです。今まで飲んできて「あっこれ好き」「おいしい」「果実味があるね」って感じるコーヒーは、カシス、ブルーベリーの味の要素があるんです。

少し渋味があるのが好きなんです。

私が果物で一番好きなのはブルーベリー。生のブルーベリーめっちゃ好きなんすよ。一人でブルーベリー狩りに行ったことがあるぐらい好き。紫色のベリー系の味が好きなんですよ。カシス、ブルーベリーって他のフルーツに比べたら、渋味がありますよね。甘酸っぱさと渋さがハモってるのが好きなんです。


ただ、スペシャルティコーヒーは酸味と甘味しか評価しません。苦味、渋味はマイナス要素。だから、スペシャルティコーヒー協会の評価と自分の好みが違うから、高評価のスペシャルティコーヒーでも、「酸っぱいコーヒー」で終わっちゃう。私にとっては「おいしいコーヒー」ではなかった。

スペシャルティコーヒーだけがいいとは限らないよ

そんなすっぺえコーヒーを高いお金出して飲んでもねえ。好きな人はどうぞご自由に全然いいと思います。私は100g6000円の「ゲイシャシルビア」というスペシャルティコーヒーを買ったこともあります。一度飲んでおいしいと思ったからです。その一方でコンビニのコーヒーも飲みます。飲みたいと思った時に飲むのが一番おいしいからです。長距離運転で疲れたときなんか便利ですよね。

スペシャルティコーヒーをおいしいと思わなかったら、それはそれでいいと思います。味覚は経験によって形成されるので、今わからなくても、おいしいと思えるときが来たら、それでいいと思います。私もここ1・2年ぐらいで浅煎りのコーヒーがだいぶ好きになったので、いつかレモンみたいな超酸味コーヒーが好きになるかもしれません。

炭酸水ってみんな最初はおいしいと思わなかったはずです。でも今ガブ飲みするでしょ。慣れです。慣れ。回数。

優劣でなく、いろんな好みがあっていいし。高くても飲みたかったら飲んだ方がいいし。ただ見下してお高くとまるのは好きじゃない。コンビニでも安くても飲みたいときに飲んだ方がいいし。今の自分が無理せず、素直においしいと思えるほうが、しあわせではないでしょうか。

今日も寄っていただきありがとうございます。みんな一人ひとり違ったおいしさを応援するevery coffeeでした。ランキングにポチッと応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ 

世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」


今月は流通が少ない「コロンビアのゲイシャ」の新豆です。

ABOUTこの記事をかいた人

ひろ

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら