コーヒーはお湯の温度でかなり味が変わる!濃度を計ってみた

ドリップのコーヒーは注ぐお湯の温度で味が変わります。日々コーヒーを淹れて飲んでいると、なんとなく感覚的にはわかりますが、実際に同時に飲み比べたら、どうなんでしょうか。

注ぐお湯の温度だけ変えて、同じコーヒー豆で、同じ挽き目、同じ量、同じ淹れ方で、飲み比べ実験です。さらにコーヒー専用の濃度計で計ってみましょう。

注ぐお湯の温度は違いが出やすいように95℃と85℃で淹れます。

目次

飲み比べてみた

  • 95℃で淹れたコーヒー「しっかりと主張してきますね。ともすると、ややキツイ」
  • 85℃で淹れたコーヒー「比べるとライトですが、飲みやすい。」

でも、これは口にした時の液体の温度によっても、違うので感覚的なものですね。

濃度は

  • 95℃で淹れたコーヒー   1.11%
  • 85℃で淹れたコーヒー   0.8%
ひろ
おお、これはかなり違う!ここまでとは!
濃度で0.1違えば、飲んだ時の印象が違いますからね。

まとめ

温度が高いと濃くなる

温度の違いはコーヒーの味にこれだけ影響が出ます。なんとなくだと、かなり味にバラつきが出てるでしょう。

ビター
味をコントロールしたいなら、温度計は必要だね

今日も寄っていただきありがとうございます。コーヒーは繊細な飲み物です。

もう一杯おかわりいかがですか

あわせて読みたい
コーヒードリップお湯の温度は何度がおいしい?プロのおすすめ10選 コーヒーを淹れる時、何度のお湯で淹れていますか? そもそも温度とか測ってないという方がほとんどかもしれませんが、コーヒー粉に注ぐお湯の温度によってコーヒーの...
あわせて読みたい
【カリタ】ドリップ用サーモおいしいコーヒーは温度から! なんで温度計がいるんだ?「別になくてもおいしいじゃん」と私も思っていました。しかし、違うんですよ。適温というのが、コーヒー豆によって違うんです。豆の焼き具合...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる