コーヒーはお湯の温度でかなり味が変わる!濃度を計ってみた

ドリップのコーヒーは注ぐお湯の温度で味が変わります。日々コーヒーを淹れて飲んでいると、なんとなく感覚的にはわかりますが、実際に同時に飲み比べたら、どうなんでしょうか。

注ぐお湯の温度だけ変えて、同じコーヒー豆で、同じ挽き目、同じ量、同じ淹れ方で、飲み比べ実験です。さらにコーヒー専用の濃度計で計ってみましょう。

注ぐお湯の温度は違いが出やすいように95℃と85℃で淹れます。

飲み比べてみた

  • 95℃で淹れたコーヒー「しっかりと主張してきますね。ともすると、ややキツイ」
  • 85℃で淹れたコーヒー「比べるとライトですが、飲みやすい。」

でも、これは口にした時の液体の温度によっても、違うので感覚的なものですね。

濃度は

  • 95℃で淹れたコーヒー   1.11%
  • 85℃で淹れたコーヒー   0.8%
ひろ
おお、これはかなり違う!ここまでとは!
濃度で0.1違えば、飲んだ時の印象が違いますからね。

まとめ

温度が高いと濃くなる

温度の違いはコーヒーの味にこれだけ影響が出ます。なんとなくだと、かなり味にバラつきが出てるでしょう。

ビター
味をコントロールしたいなら、温度計は必要だね

今日も寄っていただきありがとうございます。コーヒーは繊細な飲み物です。

もう一杯おかわりいかがですか

コーヒーブログのコーヒー温度の記事

コーヒーのドリップ温度は何度がおいしい?プロのおすすめ10選

2017年12月23日

【カリタ】ドリップ用サーモおいしいコーヒーは温度から!

2015年4月19日

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。