【カリタ】ドリップ用サーモおいしいコーヒーは温度から!

なんで温度計がいるんだ?「別になくてもおいしいじゃん」と私も思っていました。しかし、違うんですよ。適温というのが、コーヒー豆によって違うんです。豆の焼き具合「焙煎」によっても違うし、豆の特徴によっても違うし、コーヒーを抽出する器具によっても違うし、ベストの味を抽出するためにはやっぱり必要です。

温度によって味が変わる

コーヒーを粉にしてお湯でコーヒーの成分を抽出して飲むわけですから、そのお湯の温度によって抽出される成分自体も変わるそうです。ま、極端な例で、ぬるーいお湯で淹れたコーヒーとグッツグツのお湯で淹れたコーヒーと同じ味だね、なんてありえないですよね。

そして、これは何の知識も経験もないただ普通に生きているボクの素人考えですが、「食べ物、飲み物のおいしいかどうかは 温度 !温度 が命!」という信念というか確信を持っています。だって冷めたカレーとかマズいじゃん。

コーヒーはお湯の温度でかなり味が変わる!濃度を計ってみた

2019年3月23日

計って自分の味の好みを知ろう

kalitaサーモ2.jpg
今日は90度で淹れてみようとか、82度で淹れてみようとか、いろいろ試していると、そのコーヒー豆にあった自分の味の好みがわかるようになります。そして、何度のお湯で淹れたって数値化すると再現性が高くなります。自分がおいしいと感じた味を明日もあさっても飲めるわけです。「あれっ昨日すごいおいしかったのに、なんか違うなー」が少なくなるんです。

プロの味を再現できる

コーヒーの淹れ方、レシピを公開しているプロの方がいます。その通り淹れれば基本的には同じ味になるはずです。ドリップであれば、コーヒー粉にお湯を落とすだけなので、物理的に考えれば、同じ条件では同じ現象が起きるはずです。温度計があればプロの味がご家庭で味わえるわけです。

コーヒーブログのコーヒー温度の記事

コーヒーのドリップ温度は何度がおいしい?プロのおすすめ10選

2017年12月23日

コーヒー豆の焙煎度で淹れる温度を変える

コーヒーは豆の焙煎度(焼き具合)で味が全然違ってきます。またこの焙煎度によって味の出方も違うんです。浅煎りは味が出にくいので、高温95℃前後で、深煎りは味が出やすいので、85℃前後で淹れます。焙煎度によって淹れる温度を変えるとちょうどいい味になりやすい。

やっぱ見た目で

はっ!? また、わかったようなことを書いてしまいましたが、買った理由を白状すると、なんかの雑誌でプロの方がコーヒーを淹れてる写真があって、ポットのところに小さくなんか付いてるのを見て、「かっこいい」ってだけでした。マネっすマネ。

今日も寄っていただきありがとうございます。実は温度めっちゃ大事っす。

every coffee item review
date:
item:
Kalita(カリタ) ドリップポット用サーモ 64225
recommend:
41star1star1star1stargray

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。