コーヒードリップお湯の温度は何度がおいしい?プロのおすすめ10選

コーヒーブログのコーヒー温度の記事

コーヒーを淹れる時、何度のお湯で淹れていますか? そもそも温度とか測ってないという方がほとんどかもしれませんが、コーヒー粉に注ぐお湯の温度によってコーヒーの味は変わります。温度によって、コーヒーの成分が溶け出るのに差があるからです。温度によって酸味と苦味のバランスが変わるので、味も変わるよーという話。

お湯の温度でコーヒーの味が変わる

コーヒー粉にお湯を落として、コーヒーの成分を抽出するときのお湯の温度と味わいの関係をざっくり言うと。
  • お湯の温度が高いと、苦い
  • お湯の温度が低いと、すっぱい
  • お湯の温度が高いと、はっきり
  • お湯の温度が低いと、ぼんやり
  • お湯の温度が高いと、濃度も高い
  • お湯の温度が低いと、濃度も低い
  • お湯の温度が低いと甘味が出やすい

わかりやすいようにかなり乱暴に言いましたが、コーヒーの成分が溶け出すには次のような性質があります。

お湯の温度が高いと、味が出るのが早い。お湯の温度が低いと、味が出るのが遅い。

コーヒーには酸味と苦味の成分が両方ありますが、酸味の成分が先に出て、苦味の成分は後に出ます。お湯の温度が高いと味が出やすいので、苦味の成分まで出ます。お湯の温度が低いと、味が出にくいので、酸味の成分だけが出て、苦味の成分まで出ないようになります。

この酸味と苦味のバランスがコーヒーの味になるわけです。以下参照。

お湯の温度でコーヒーの濃度が変わる

コーヒードリップでは注ぐお湯の温度によって、コーヒーの濃度が変わります。95℃と85℃のお湯で淹れてみました。飲み比べて、コーヒーの濃度計で計ってみると、

  • 95℃で淹れたコーヒー   1.11%
  • 85℃で淹れたコーヒー   0.8%

95℃で淹れたコーヒーは、しっかりと味が出て主張してきますね。ともすると、ややキツイかな。85℃で淹れたコーヒーは、飲み比べるとライトですが、飲みやすい。濃度イコールおいしさではありませんが、お湯の温度が10℃違うというだけで、これだけ濃度も味も変わるということですね。

お湯の温度が10℃違うって温度計がないとわからないじゃないですか。ドリップは簡単なコーヒー抽出法ですが、実は同じ味を再現するのが難しいんです。

コーヒーはお湯の温度でかなり味が変わる!濃度を計ってみた

2019年3月23日

プロのドリップの温度は?

ハリオv60でコーヒーを淹れるでは、何度がいいのかというと、いろいろあるわけです。コーヒー会社、有名カフェ、有名バリスタ、専門家など、具体的に何度と推奨しているところを挙げてみました。

スターバックス「理想的なお湯の温度は90℃~96℃です。」
シアトルズベストコーヒー「理想的な水の温度は、沸騰直後(90度~96度)の温度です。」
UCC「お湯が沸騰したら火をとめ、表面のボコボコした泡が鎮まったときが抽出に理想的な温度(95℃前後)です。」
ドトールコーヒー「適温は93℃」
カリタ「92℃が最適です。」
ターリーズコーヒー「基本的にコーヒーの抽出の適温は90℃を目安に。」
カルディ「沸騰後1~2分置いたお湯(90℃前後)」
粕谷晢(Brc2017世界チャンピオン)「浅煎り93℃、中煎り88℃、深煎り83℃」
コーヒーハンター川島良彰(ミカフェート)「おすすめは87℃です。」
田口護(カフェバッハ)「湯の温度は82から83度が最適。」
高い温度順で並べてみました。各社、意外と高めですね。

豆の焼き具合でも変わる

コーヒー豆を焼くことを「焙煎」と言いまして、深煎り、中煎り、浅煎りと焼き具合があります。コーヒーの味は焙煎度によって全然違うものになります。豆の色を見ればわかりますので、焙煎度によってもお湯の温度を変えます。

  • 浅煎りは味が出にくいので高い温度(90度以上)
  • 深煎りは苦味が出やすいので低い温度(85度前後)

を基準にして、自分の好みでプラス何度、マイナス何度としていくのがいいでしょう。

ドリップポットに温度計

カリタのコーヒーポット温度計ドリップポット用の温度計がありますので、これをつけてドッリプの温度を把握しましょう。なんかプロっぽくてかっこいいですよね。機能もそうですが見た目も大切、格好から入るのも全然ありですよ。

【カリタ】ドリップ用サーモおいしいコーヒーは温度から!

2015年4月19日

沸騰したお湯を移し替える

温度計をお持ちでない場合は、グツグツに沸騰したお湯を他の容器に移し変えれば、90度ぐらいまで下がります。電気ケトルで沸かしたお湯をドリップポットに移し替えるといいでしょう。これだけでも苦味や雑味が軽減されますよ。

温度調整機能つき電気ケトル

山善電気ケトルそんなことなら、いっそ温度調整機能つきの電気ケトルが便利です。これを買ってからというもの、もうこれしか使いたくないぐらいです。便利なものを手にすると、人間もどれないね。

これしかない!山善電気ケトル【細口ドリップポット】機能と特徴をレビュー

2018年4月8日

まとめ

ちなみに私は深煎り中煎りは85度ぐらいで淹れています。ただ浅煎りは90度以上にします。あと、季節や体調によって、プラスマイナスします。

その日、たまたまおいしいコーヒーが出来たとしても、お湯の温度がわからなかったら、次、再現できないので、明日もこの味を飲みたいって思うなら、計りましょうねーというお話でした。

今日も寄っていただきありがとうございます。やっぱ温度計があると便利ですよ。

もう1杯おかわりいかがですか

コーヒーの味はお湯の温度も影響しますが、豆の量やドリッパー、コーヒー豆の品質によっても変わってきますので、こちらもご参考に。

コーヒードリッパー12個

味で選ぶ!コーヒードリッパーおすすめ比較12選~すっきり・コク・まろやか

2017年8月11日

コーヒー通販おすすめ人気4社をコーヒーブロガーが比較ランキング

2018年12月2日

every coffee 読者限定クーポン


フィンランドのコーヒーサービス「SLURP」さんから割引コードを発行してもらいました〜。定期購入の初回お届けが1000円割引12月14日まで

slurpxeverycoffee

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。