自作コーヒーリキュールの作り方レシピ

コーヒーリキュールの作り方をご紹介します。市販のコーヒー豆さえあれば、誰でも簡単にできます。コーヒーカクテルが面白かったので、コーヒーリキュールを作ってみたいと思います。

コーヒーリキュールレシピ

DSCF1259.jpg

・コーヒー豆100g
・氷砂糖100g
・ホワイトリカー1.8L

ググったら、ということでしたが、持ってるガラス容器の大きさに合わせて多少アレンジ。

豆50g・氷砂糖80g・ホワイトリカー700ml とします。

一応、ガラス容器を5分間、煮沸消毒しました。あとはこれに入れるだけ。

2・3週間で飲めるらしいので、楽しみです。

コーヒーリキュール10日経過

DSCF1279.jpg
真っ黒です。

2・3日ですぐこんなカンジでしたけどね。と、ここで注意が1つ。

香りが逃げるから開けたらダメなんだって。

コーヒーリキュール2週間経過

DSCF1289.jpg
先々週から仕込んでいたコーヒーリキュールを開けてみました。

見た目、真っ黒なので濃すぎるのかなと心配でしたが、グラスに移してみたら逆に薄い!

妻にもひと目で「全然まだやん」って言われてしまった。

飲んでみましたが、アルコールのニオイだけが強く、ミルクで割って飲めるけど、コーヒーの味わいがもっと欲しい。

一見、「いいんじゃない」って大丈夫に見えても、まだまだってことか。

期間が短かった、熟してなかったね。

コーヒーリキュール1ヶ月経過

DSCF1382.jpg

コーヒー豆は自家焙煎で深入りのハニーショコラのピーベリー(ブラジル)を使用して、豆のまま漬けておくこと1か月。

だいぶアルコール臭もきつくなく、コーヒーの味と甘みが出てきました。

2週間前とは全然違うね、水割りで飲んでみましたが、いいんじゃないでしょうか。

と、ここまでを面倒くさそうに見ていた妻が、市販のコーヒー粉をお茶パックに入れて3、4日漬けて作ったコーヒーリキュールを持ってきました。

いきなり
【1ヶ月かけた豆から作ったコーヒーリキュール】
vs
【4日でできるコーヒー粉のコーヒーリキュール】
の戦いになってしまった。

豆と粉どちらがおいいしい?

味の違いがあるかといえば

まあ、あるっちゃある……だろうけど……いや、ないかも。うん、わからんかった。

いろいろ飲み方も好みで分けられるしね。

コーヒーリキュールの飲み方

今日も寄っていただきありがとうございます。ベースのお酒を変えてやってみた。

インスタ版every coffee
ビターのおうちカフェ教室


誰でも簡単すぐにできるレシピやおいしいコーヒーの淹れ方をざっくり紹介。細かいめんどくさい事はスルーして、サクっといいカンジにおうちでカフェ気分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。