コーヒーブロガーが【プレミアムボス コーヒーハンターズセレクション】を飲んでみた感想

話題のボスのボトルコーヒーを紹介します。発売日からコンビニをチェックしてましたが、無くて、イオンでゲットしました。500mlのペットボトルかと思ったら実は750mlなんすよね。缶タイプもあります。

コーヒーハンターって何

コーヒーハンターこと川島良彰さん。コーヒー好きにとっては、生きるコーヒー伝説のような人です。コーヒー屋に生まれ育ち、高校を卒業後エルサルバドルのコーヒー研究所に留学し、uccの創業社長に認められ、ジャマイカのブルーマウンテン、ハワイのコナで農園を作り、古い文献で読んだ絶滅しかかっていたコーヒーの木をジャングルの奥地で見つけて現代に蘇らせたり、レアコーヒー・美味しいコーヒーを探し世界を飛び回る。現在は日本国内でコーヒーショップを経営しています。

そんな世界一のコーヒー通がボトルコーヒーをプロデュースしたわけです。

ご本人からコメントをいただいてしまった。

参照:「プレミアムボス」ホームページ

コーヒーハンター川島良彰さんのお店「ミカフェート」福岡六本松店に行った感想

感想「私はコーヒーで世界を変えることにした。」川島良彰

飲んでみた

無糖

飲んだことがない感触!なんか違和感がある。ぬるっとしてる。
水質は粘着感があって、やや油っぽいカンジ。キレじゃないですね。酸味、苦味、香りともにそれほど強くはないかな。イヤな苦味、渋味、後味の悪さとかはないです。ネガティブな要素はないんだけど、わかりやすい味じゃないかな。

 

でも、フルーツ感があるのはすごい。ペットボトル・缶コーヒーでフルーツ感があるコーヒーは初めて。

 
妻は「甘味がある」と言ってて好評価でした。濃度を計ってみました。濃度1.27%

微糖

あっ微糖のほうが飲みやすい。基本ブラック派なんですが、これは微糖のほうが好き。この微糖でも甘いなら、無糖と混ぜて薄めると、いいカンジでした。

冷やして飲んでね

保存料とか一切入ってないので、開封後は冷蔵庫で保管してください。

やっぱり冷やした方がおいしいし、飲みやすい。無糖の「ぬるっとしてる」感も冷やせば、感じなくなります。微糖の甘さもちょうど良くなるので、普通に冷やして飲むのがオススメ。

缶コーヒーもあるよ

中身と味はペットボトルと一緒です。置いてあるお店が少ないのが悲しい。自販機にも入れてほしいなあ。
内容量は275mlです。

6本で必ずもらえる泡サーバー

ラベルについている応募券を切って、はがきに貼って送ると、泡立てられるペットボトルキャップがもらえるそうです。応募締め切りが2019年6月28日なので、お早めに。

「ワク泡サーバー」って名前でなんか大きそうに思いましたが、どうやらペットボトルキャップみたいなものですね。

プレミアムボスまとめ


添加物なしですぐに飲めて、この香りと味なら、かなりいい。

お湯を沸かしてハンドドリップもしてますが、会社にも家にも常備して、一口だけとか、ちょっと飲みたい時にかなりいいです。

ちゃんとコーヒー淹れるからいいやってカンジではなくて、ちょっとしたコーヒー欲求を補完してくれるので、オススメです。

今まで、あの名店がプロデュースみたいな缶コーヒーはあったけど、さすが違いますね。 大量生産して全国流通させるっていう制約だらけの中で、この香りと味を再現するのは、ありえないことなんでしょうね。

ビター
これから暑くなるので、まとめ買いもアリだね。

今日も寄っていただきありがとうございます。毎日飲んでます。

every coffeeオンラインストア


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。