日本一の焙煎士のお店COFFEE MAN

今日は福岡の六本松にある「COFFEE MAN」にきました。日本一の焙煎士のお店ということで、焙煎度合が数値化されていたり、丁寧にドリップしていて、おいしくて、コーヒー器具も売っていたり、好感色なお店でした。

日本一の焙煎士のお店

通りから奥に入ったところになります。

レジ前にはコーヒー器具も多く取り揃えられています。

焙煎度合が数値化されている

さすが日本一になった焙煎士のお店です。焙煎度を数値で表しています。これはわかりやすいね。

ソフトブレンド飲んでみた


ひろ
うん、やさしい味わい。
酸味なく、苦味なく、香ばしい焼き味。
液体がきれいで、ていねいな味
なんか水質がいいんですよ。美しいの。こんな風に思ったのは初めてですね。どんな水を使っているんでしょうか。

コスタリカ ハニー買ってみた

豆を買って帰ろうということで、お店で飲んだのとは違うヤツ、焙煎度が違うヤツ、いってみましょう。

挽いた香りはややスパイシーですね。

ハリオV60でフィルターを半分に折って、深層にしたオリジナルドリップevery dripで淹れました。

酸味が最初にきて、香ばしい焼き味が口の中を占めて、果実の味がフワッとした後に甘味が残る。雑味がなくすっきりしている。

まとめ

ていねいな仕事がかっこよかった。

多くのコーヒーショップをまわってきましたが、ていねいだなって思いました。他のお店で淹れてるところを見られない時もあるから、他のお店が雑だという意味じゃないよ。

このお店は味見をしていたし、多めに抽出して、残りは捨てていた。

ていねいにやっていることがコーヒーの味に反映していると思う。この姿勢は取り入れよう。さすがCOFFEE MANと名乗るほどのことはあるね。いい経験しました。

ビター
ていねいな姿は美しい!
今日も寄っていただきありがとうございます。こういうところ私ドライなんすよね。

もう一杯おかわりいかがですか

コーヒーハンター川島良彰さんのお店「ミカフェート」福岡六本松店に行った感想

2018年5月3日

saredo coffeeは居心地のいいセンスのいいお店

2019年7月7日

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。