100均のダイソーからコーヒーミル発売!レビュー解説マニアックなコーヒーブロガーの評価は?

ダイソーから遂にコーヒーミルが発売になりました。さすがにこれは100円商品ではありません。500円ですが、それでもコーヒーミルでこの価格はあり得ないでしょう。

今までコーヒーミルを4つ所有しているコーヒーブロガーによるマニアの視点で100均のコーヒーミルを容赦なく厳しくレビューしていきます。

「見せてもらおうか、100均のコーヒーミルの性能とやらを」

ダイソーコーヒーミルのポイント

まずは使う前に気づいたポイントを挙げていきます。

ハンドルが縮められる

手動のコーヒーミルはハンドル部分が長くて、置き場に場所を取ったり、収納の面でやや難ありではあります。取り外しできるコーヒーミルもありますが、そうすると使うときに面倒だったり、紛失しやすかったりしますね。

しかし、100均コーヒーミルはその両方を解決しています。一体型で伸縮するというこれは今まで見たことがない。やるなダイソー。

コーヒー粉の粗さを調整

手動のコーヒーミルで粉の粗さを調整するのはだいたいがネジ式で無段階。それゆえ、粉の粗さ(大きさ)の調整はネジを回してだいたいの目分量だったり、感覚だったりします。なので粉の粗さは1度変更すると、あいまいになっちゃうんです。

しかし、このコーヒーミルは手動でありながら、5段階調整ダイヤルがついています。極細挽き〜粗挽きまで毎回変えることができ、しかも同じ粗さに挽ける。やるなダイソー。

ストッカーがガラス

「100均のコーヒーミルが出た」と聞いて買う前はここは絶対プラスチックでしょと思っていましたが、なんとガラスですよ。500円のコーヒーミルでガラスですよ。やるなダイソー。

臼歯式セラミックミル

コーヒーミルの心臓部はなんと言ってもこの歯。臼式のコーヒーミルになります。材質は外臼も内臼もセラミックです。

2枚の歯の間隔を広げたり、縮めたりすることで、コーヒー粉の粗さを変えることができます。

▲粗挽きは歯の間隔が1番広い状態ですね。

▲極細挽きは歯の間隔が1番狭くなります。

臼歯式セラミックミルの部品はなんと、この5000円の電動コーヒーミルと同じ部品が使われているようです。

コーヒーミル使ってみた

では使ってみましょう。コーヒー1杯分コーヒー豆10gを投入。

一体型のハンドルとフタをつけてロックに回します。ダイヤルの真ん中【中細挽き】の設定で挽いてみましょう。ハンドルを回すと、

ひろ

出た!

当たりまえか…

これが1杯分コーヒー粉10gです。

【中細挽き】の割には、ちょっと粒が大きいかな。

微粉取りで降ってみました。微粉がこれぐらい落ちますが【中細挽き】なので、まあこんなものなあ。

せっかくなのでダイソーのコーヒードリッパーを使い、同じくダイソーのビーカーにドリップしました。「コーヒーを始めたい」と思ったら、ほぼダイソーで揃うね。

100均のコーヒーミルの味と感想

うん、いつものおいしいコーヒーができました。とりあえずは全然問題なしです。

コーヒー粉の「粒の精度」なんかを他のコーヒーミルと挽き比べて言い出したらキリがないし、値段が違いすぎるので意味がない。ということで使用感のデメリットとメリットでまとめました。

デメリット
●ハンドルが短いので結構、回さないといけないので時間がかかる
●豆を入れるストック部分が小さいので一度に多くは挽けない
●臼歯が一体型なので洗いにくい

【メリット】
●圧倒的コスパ
●5段階調整ダイヤル
●安っぽくない(ステンレス外装、セラミック臼歯、ガラスストッカー)

ダイソーコーヒーミルのSNSの反応

マニアック検証

ここからは初見で感じたことを実際やって確認していきましょう。挽く時間と挽き目を検証しました。

コーヒー豆を挽く時間はどれぐらいか

コーヒー豆10g(1杯)を挽くのにどれぐらい時間がかかるのか。どれぐらい回さないといけないのか。

・2分9秒
・142回転

時間的には、ほんの2分ですが、回す回数が多いせいか結構長く感じます。毎日毎回飲むたびに使うにはちょっと辛い。メインには辛い。コーヒーミルのサブ機としてはアリです。

コーヒー豆の挽き目

コーヒー豆の挽き目が簡単に調整できるのはすごいメリットです。実際にどれぐらいの粒度で、どれぐらいの性能なのか見てみましょう。

▲1番細かい「極細挽」の設定ですが、市販のペーパードリップ用のコーヒー粉ぐらいの粒度ですね。

▲2番目の「細挽」の設定ですが、こちらも市販のペーパードリップ用のコーヒー粉ぐらいの粒度ですね。

▲中間の「中細挽」の設定です。「中挽き」か「中粗挽き」ぐらいかな。

▲4番目の「中挽き」の設定ですが「粗挽き」レベルです。

▲1番粗い「粗挽」の設定です。確かに粗い。極粗挽きと言っていいでしょう。ここまでいくと粒の大きさが揃いにくくなります。

100均のコーヒーミルまとめ

十分使える!

どころか、これで500円ってどんだけデフレなんだよ。

そりゃ外国人来るわ!経済問題を感じざるを得ません!ちょっとヤバイぞ日本。ダイソーさん価格破壊しすぎじゃね?って心がざわつくレベルです。

耐久性がどうかという問題はありますが、ミルの歯が消耗するまで使ったら、その時はステップアップして本格的なコーヒーミルを買えばいいじゃないですか。基本コーヒーミルは消耗品です。そこまでコーヒー豆を挽く習慣にしたあなたはえらい!ということで、

ひろ

これでコーヒーを挽くハードルはかなり下がったので、ぜひ豆を挽いてもらいたい

ビター

YOUもコーヒー豆ひいちゃいなよ

今日も寄っていただきありがとうございます。この性能と材質で500円ありえんすよ。

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

4 件のコメント

  • この臼の部分、どうみても
    「oceanrich 自動コーヒーミル G1 臼式 コードレス」と同じものです。
    私は、5000円くらいで買いました。電動か手動かで10倍価格が違うなんて。

  • 情報提供ありがとうございます。ダイソーさんこんな事していいのかと不安になるレベルです。コーヒーミルデビューする人が多くなるのはいいことなんですけどね。

  • 1ヶ月程前に購入しましたが
    「500円でこのクオリティーならっ!」とは思えない程、「どんだけ回さなきゃいけないんだ!?こんなの毎朝やってられん」って事で、日常使いはしなくなりました。
    キャンプに行った時にでも使うかもね?ってレベル。

  • 初コメになります。よろしくお願いします。

    500円なら電動に改造しても(失敗しても)良いかなって思いました。
    今度買ってみます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。