【悲報】ダイソーステンレスフィルターが〇〇だった件

ダイソーさんがまたコーヒーアイテムをぶっこんできましたねー。ステンレスフィルターですが、さすがに100円ではありません。500円商品ですが、どうなんでしょう?

ステンレスフィルターはペーパーフィルターがいらないので、ランニングコストかからず、紙代を節約できて、さらにエコだ!SDGsだ!ということで、レビューしていきます。

開封していって大きさとかチェックして、サクッと使い方説明して、実際、飲んでみて、メリットデメリット挙げて、まとめ感想となります。

ステンレスフィルターを他にも5、6個、所有しているので、他と比較しながら、ステンレスフィルターの使い方のポイントや注意点も、説明しますので、ステンレスフィルター検討中の方は参考になるかと思います。

目次

開封の儀

開けていきましょう。ドリッパーは2重フィルターになっています。

内側がメッシュタイプのフィルターですね。細いステンレスあみあみの
外がパンチング式のフィルターです。1枚のステンレス板に細かい穴があるタイプ。
のダブルですね。

【スペック】
サイズ:直径12.5cm 高さ9㎝ 台座直径9.7cm
素材:ステンレス、シリコーンゴム

円錐形ですが、底には穴が空いてないタイプです。

底に穴があると、微粉がカップに落ちやすいので。底に穴がない方がクリーンなコーヒーになって、私は好きです。

使い方

と言っても、コーヒー粉入れて、お湯を注ぐだけなんですが、

ステンレスフィルターを使う時は、まず、水通りを確認してください。水の抜けがどれくらいか、確認して、豆の挽き目を決めたほうがいいです。

水を注いでいきます。

んんんんんんん?

はいそれでは、水を注いでいきます。

おおおおおお?

ひろ

水が落ちねえー。マジかあああ

とういうことで、スポンジでがっつり洗ってみました。そしたら、水も通るようになりましたね。

まず洗えってことですね。でもそんなに違うかね。表面張力とか、そういうこと?まあいいや。スルスル水が抜けるようになりました。


で、水通り、ヌケはけっこういいので、これに合わせて、挽き目を決めていきます。

なんですけど、中粗挽きでいきます。

というのも、ステンレスのダブルメッシュは、目詰まりしやすいんですよね。

フィルターの間に微粉だったりが詰まりやすいので、あまり、細かい粉は使いたくないんすよね。

市販のコーヒー粉も使えるけど、ここがちょっと心配なんですよね。

ということで、さらに、延命のために「微粉取り」もします。

微粉を取る容器も100均の商品を組み合わせて作れます。微粉を取った中粗挽きをステンレスフィルターに入れて、あとはお湯を注ぐ。

飲んでみた

うまい!全然問題ないっす

なんですが、ダブルメッシュのステンレスフィルターは、コーヒーオイルは出にくいです。

あと、ペーパーと比べると、ステンレスフィルターはカップに微粉が混じりやすいんですが、

ダイソーはダブルフィルターなので、コーヒー液に微粉もほとんどない。

中粗挽きで微粉取りをしたら、これだけクリーンになるよ。ってことですね。

メリットデメリット

【デメリット】
・寿命のリスク
・ペーパーと味の差が少ない
・持つ部分のゴムが外れる


ダブルメッシュの場合、フィルターの間に詰まりやすい。

煮沸とか、漂白とか、いろいろやっても、1次的には復活するけど、いちばん最初のもとの状態にまでは戻りにくい。メガネ屋さんとか貴金属店にあるような、水の振動で汚れ落とすやつだと、取れるらしいけど、わざわざ買うかねって話ですよね。

なので、市販のコーヒー粉を使うと、寿命が短かくなりやすいかもと。

500円とはいえ、寿命を延ばしたいので、中粗挽きでさらに、微粉取りをしました。
コーヒーミル持ってて挽き目を粗くできる方なら、いいんすけどね。

コーヒー粉の大きさ挽き目や使用頻度にもよるけど、2・3年ぐらいが寿命かも。

あと、ダブルメッシュの場合、ペーパーと味の差が少ない。ステンレスフィルターはコーヒーのオイルを味わえるというのも魅力なんですが、ダブルメッシュの場合、オイルがカップに落ちにくいんですよね。

ペーパーと違う味を期待する人には、ダブルメッシュはデメリットになるよねー。

あと持つ部分のゴムが外れる固定じゃないみたい。ま、これはどうでもいいけど。

【メリット】
-安い
-使える
-経済的

まず、ドリッパー自体の値段が安い。このクオリティだったら、アマゾンで1900円とかのレベルでしょう。で、ぜんぜん問題なく使えます。ペーパーフィルター代を節約したい人にとっては、味がペーパーと変わらないのはメリットですよね。経済的でいいと思います。

まとめ感想

500円ではありえないレベル

ステンレスフィルターで、とにかく安いほうがいいならこれ一択ですね。ちゃんと使えます。

ただ、ダブルメッシュのステンレスフィルターは「目詰まり問題」があります。

使用頻度にもよりますが、2~3年すると、目詰まりするかもーのリスクありです。

「目詰まり問題」がイヤなら、シングルメッシュのステンレスフィルターがいいです。

ということで、シングルメッシュのステンレスフィルターのなかで個人的におすすめは「ハイテック茶こし」です。茶こしですけど、コーヒーのステンレスフィルターのとして使えます。

シングルメッシュで目詰まりもなく、コーヒーオイルも味わえつつ、淹れ方もペーパードリップと変わらず、市販のコーヒー粉も使えるし、総合的にメリット多いいな。値段は1000円代で、倍しますけど、コスパいいです。

デメリットはカップに微粉が混じるぐらい。

ステンレスフィルター検討中の方で、
ペーパーと変わらない味がいい、ま、寿命があるのは仕方ない、ていう方なら「ダイソー」
ぺーぱーと違う味がいい、寿命なく使い続けたい、ていう方なら、「ハイテック茶こし」
っていう選択になると思います。

今日も寄っていただきありがとうございます。ダイソーステンレスフィルターがあわや【悲報】になるところだったというお話でした。

もう1杯おかわりいかがですか

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次