濃度計でわかったドリップでコーヒーを濃くする淹れ方

コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか (ブルーバックス)」という本を読んでいたら、コーヒーの抽出に段理論というものがあるのを知り、ドリップではお湯がコーヒー粉の層をどう通過するかで濃さが変わるとわかりました。じゃあ「コーヒー粉の層を高くする」「お湯が溜まらないように注ぐ回数を多くする」という実験して飲んでみたところ、明らかに違いを感じとれました。

その淹れ方をまとめて名付けたオリジナル抽出法がevery dripです。ハリオV60のペーパーフィルターを半分に折り、お湯を6回注ぎます。

でも、それって味見した感覚だけで、思い込みとかバイアスのかかった主観であって、本当に科学的に数値的にどうなの?って思ったので、コーヒーの濃度計を買いました。では計ってみましょう。

同じ条件で淹れる

同じコーヒー豆で、同じ挽き目で、同じ温度で、同じ注ぎ方で同時に淹れました。違いはドリッパーの形状だけです。コーヒー粉の層の高さが違うだけ。

ひろ
まず飲んでみます。うん、やっぱり感覚だとevery dripの方が濃いですね。

ではドキドキですが、濃度計で計ってみます。

ハリオV60ノーマルの濃度

通常のハリオV60で淹れたコーヒーの濃度は「0.85
飲んだ感じでスッキリしてますから、だいたいこんなもんかな。

every dripの濃度

紙フィルターを半分に折ったコーヒー粉の層の高さが違うコーヒーの濃度は「1.13
しばらく使っててわかったのは0.01とか0.02ぐらいだと誤差の範囲ですが、0.28の差は結構な数値の違いなんですよ。

よかった〜。数値が同じだったらオリジナルレシピの意味ないもんね。私の味覚もまんざらじゃないね

まとめ

「コーヒー粉の層を高くする」「お湯が溜まらないように注ぐ回数を多くする」と、数値的にも濃度が上がる

でも、おいしいと思ったのはハリオV60ノーマルの方です。濃度が高いからおいしいではない。今回は深煎りで中粗びきの豆を使用しました。やっぱり豆の焙煎度によりますね。深煎りは「濃度0.85%」ぐらいが私は好きなんでしょう。every dripでも粗挽きにしてこのぐらいの濃度にすれば、OKでしょうね。

ビター
そうそう、自分の好きを数値化すると基準になって再現性が高くなるんだよ!

今日も寄っていただきありがとうございます。わかったことをコツコツと〜。

もう一杯おかわりいかがですか

科学的においしいドリップコーヒーの淹れ方のコツがわかった!

2018年11月3日

これぞ究極の1杯コーヒードリップの淹れ方「every drip」

2018年11月4日

アタゴ ポケットコーヒー濃度計 PAL-COFFEE購入レビュー

2019年1月13日

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。