モカとは?いろんな意味がありコーヒーの歌詞にもなっている深い話

コーヒーを飲んでいると「モカ」ってよく耳にしますよね。でもモカって、なんのことか知っていますか? 私もアバウトにしか知らなくて、コーヒーのことをモカと呼ぶような、実にあいまいな総称なのですが、ちょっと調べたら、コーヒーの起源にまでさかのぼって、意外とおもしろかったモカの話です。

いろんなモカ

ひとことでモカといっても、使われるシーンによって実はいろんな意味があります。

カフェモカ

カフェで「カフェモカ」と言ったら、エスプレッソコーヒーにチョコレートシロップとミルクを混ぜて、ホイップクリームなどをトッピングしたアレンジコーヒーのことになります。スタバのメニューにあるので、飲んだことある人も多いでしょう。

モカコーヒー

イタリアで「モカコーヒー」と言ったら、マキネッタで淹れたコーヒーのことをいうそうです。

コーヒー豆のモカ

コーヒー豆の売り場で「モカ」と言ったら、イエメンかエチオピアのコーヒーです。モカブレンドというコーヒーはイエメンかエチオピアのコーヒーが入っているということです。

コーヒーの品種で「モカ」と言ったら、イエメンかエチオピアで栽培されている在来種の混合品の総称になります。特に決まった品種名がないので、通称として、モカ種と呼ばれています。

モカマタリモカハラーモカシダモなどの種類がありますが、これは栽培地区の名前をつけ加えて、区別しています。この栽培地区の違いで、コーヒーの味も異なります。

  • 「モカマタリ」はイエメン産
  • 「モカハラー」「モカシダモ」はエチオピア産

モカの由来は港の町名前

そもそも「モカ」とはイエメンの港町の名前です。コーヒーノキの原産地はエチオピアなんですが、15世紀頃から対岸のイエメンでもコーヒーが栽培され、モカの港からコーヒーを積んだ船が各国に出航したので、モカという名前がコーヒーとイコールで結びついた歴史があります。現在のモカ港ではコーヒー豆の集散は無いそうです。

コーヒーの起源はモカ

モカとコーヒーのつながりは、コーヒーの起源にまでさかのぼります。コーヒーの起源で有名なのが「羊飼いカルディ説」と「僧侶オマール説」。オマール説というのは、イスラム教の僧が山の中でコーヒーの実を見つけ、煮出して飲んでみたら疲労が回復し、町で病気が流行っていたのを、この煮汁を飲ませ、人々を病いから救った。という話なのですが、その舞台がイエメンのモカ地方の山の中と伝えられています。なんとコーヒーの起源はモカでの話だったんですね。

コーヒールンバの歌詞

「コーヒールンバ」で歌われている「昔アラブの偉いお坊さんが〜」というのはモカの話だったんですね。

モカの生豆

イエメン産の「モカマタリ」を取り寄せました。次回は焙煎して飲んでみましょう。本物の100%モカの味はどんな味なんでしょう?楽しみです。

今日も寄っていただきありがとうございます。コーヒー・ルンバ のレコード欲しいな。

もう一杯おかわりいかがですか

モカマタリは甘い!モカコーヒーの味と特徴

2017年10月21日

世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」


エメラルドマウンテン先着5名にコースタープレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。