STANDART10号が届いたよ

定期購読しているコーヒーマガジン「Standart Japan 第10号」が届ききました。今回の内容はこちら

「歴史」がテーマの今号。
COFFEEチャプターは、競技会の常連かつ、最近はカフェでもよく見かける希少品種「ゲシャ」のルーツに迫るストーリーで始まります。コーヒーの価格危機に関するシリーズの最終章「これから向かう先」では、業界のリーダーたちが、価格危機にどのような対策を講じようとしているのか、そしてこれまでに生まれた議論が向かう先について解説します。ハワイ州のコーヒー農園の実情を一緒に覗いた後は、お茶とコーヒーの比較シリーズ最終回。今回のテーマは「抽出」です。

PEOPLEチャプターの幕を開けるのは、競技会のジャッジが主人公のショートストーリー「石になった舌」。味覚を失ったジャッジに医師はどんなアドバイスを送ったのでしょうか? 「Meet Your Barista」は、福岡県にあるMANLY COFFEEオーナー須永 紀子さん。3児の母、焙煎士、バリスタ、経営者とさまざまな顔を持つ須永さんのコーヒーキャリアのこれまでとこれからについて。ポスト資本主義がテーマのエッセイでは、数百年にわたって人のつながりと商取引が無理なく共存する京都の小商いの姿にコーヒーの視点で迫ります。「まずい」コーヒーを好んで飲む筆者のお話も必読です。

WORLDチャプターでは、あるフライトで発生したコーヒーメーカー「爆発」事件の謎を解明します。飛行機の中で出されるコーヒーがおいしくならない理由とは? 「Meet Your Guest」では、佐賀県が誇る伝統工芸品有田焼の石膏型職人として活躍する岩永 和久さんのインタビューをお届け。「フィルターなしのニューヨーク」では、普段は華々しいアートや音楽の陰に隠れがちなこの都市のコーヒーの姿と、コーヒーがニューヨークの歴史に及ぼしてきた影響について明らかにしていきます。最後はニューヨークからパリへひとっ飛び。パリの歴史とコーヒーシーンについてシティプロファイルでご紹介します。

数量限定の付録コーヒーは、韓国のソウルから。市内の合井(ハプチョン)というエリアを本拠地に、国内外へ精力的に拡大を続けるコーヒーショップBEAN BROTHERSが、エチオピアのイルガチェ ウォッシュドコーヒーを届けてくれます!

ということで、この中から気になるトピックを3つ挙げてみましょう。

ゲシャの謎

希少品種ゲシャ(ゲイシャ)コーヒーが好きな方なら飲んだことがあるであろう人気のコーヒーの品種ですが、そのルーツについては、謎が多く残されています。エチオピアから海渡ったとされるゲシャの足取りを追いながら、その歴史に迫っています。

私が数年前飲んだときは情報が少なく、断片的な情報をかき集めて紹介したことがあるので、こうやってマニアックな情報が出るのはありがたいですね。

ハワイのコーヒー

私がハワイに行ったとき、コーヒー農園には行けませんでしたが、ハワイコナってやっぱうまいな!と思いました。ハワイで生産されているコーヒーは全世界で生産されているコーヒーの0.04%ほど。アメリカで唯一商業的にコーヒーを生産しているのがハワイなんです。

uccもハワイにコーヒー農園を持っていますが、ハワイには1100のコーヒー農園があるそうです。 ハワイでのコーヒー栽培の問題を抱えながらも品質改善に取り組む農園の姿が紹介されています。

ホノルルコーヒー「100%コナコーヒーエクストラファンシー」めっちゃうまいぞ

2018年1月21日

MANLY COFFEE

「Meet Your Barista」のコーナーに登場するのは、福岡市にあるMANLY COFFEEオーナーであり、焙煎士であり、バリスタでもある須永 紀子さん。日本にエアロプレスを広めた第一人者でもあり「エアロプレスの母」とも呼ばれています。

私も一度プロの方が淹れたエアロプレスのコーヒーが飲みたくて、お店に行ったことがあります。とってもおいしかったし、気さくにお話をしていただき、お店での居心地もよく、超粗挽きの低温抽出のエアロプレスのレシピはとても参考になりました。

そんなMANLY COFFEEさんは、ブログからスタートして、焙煎豆をネット販売をしていたそうです。ますますファンになってしまった。

エアロプレス使用の店舗「マンリーコーヒー」福岡に行ってきた

2018年11月23日

まとめ

今号もいい内容でした。ブログ、ツイッター、ネットニュースなどでは拾えないコーヒー情報は大事です。私のようなコーヒーのブログなんて個人の感想の「コーヒー日記」にすぎませんからね。

ビター
Standart Japanは定期購読すると、世界のトップクラスのコーヒーが付いてくるよ
今日も寄っていただきありがとうございます。。

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ひろ

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら