挽きたてのコーヒー粉と挽いて6日を飲み比べてみるとわかる!おいしさの秘訣

コーヒーを粉で買っている人って多いですよね。このブログでは「豆を挽くだけでグンと味と香りが良くなります」と強く主張してきました。まずは「挽いてね」と。

しかし、いきなり飲むたびに毎回挽くのはメンドくさいので、数日分をまとめて挽いておいけばいいよ。とおすすめしてきました。

では何日分まで挽き置きして大丈夫なのか。味わってみましょう。

挽きたてと飲み比べ

挽きたてのコーヒー粉と挽いて6日経ったコーヒー粉で同じ条件で同時に淹れました。

まず香りが全然違う!

ま、これは予想の範囲内ね。では飲んでみます。

おっだいぶ違う! おいしい風味が無くなる。
6日でこんなに違うの!?これは予想以上です。

焙煎が新しい豆を使ったので、特に差がでたかもしれない。やっぱ挽きたてにはかなわないね。

でも、同時に飲み比べないとわからないレベルかな。

味が違うって感じたけど、香りが違うから味も違うのでしょうね。嗅覚は味覚にかなり影響しますからね。「おいしさ」は「におい」なんですよ。

何日まで挽き置きするか

ま、1週間以内でしょうね。

で、短ければ短いほどいい。1週間以上経っても、別に味が悪くなるわけではないので、気づかないでしょうが、飲み比べたら明らかに違う。個人の感想ですが目安にでもなれば、幸いです。

やっぱりコーヒーは粉の状態では買えないね。これほど、おいしい風味を逃すのかっていうのがわかりました。

ビター

コーヒーは豆っす! 豆! 豆を挽くのがコーヒーの楽しみでもあるよね

挽き置きができるコーヒーミル

で、粉コーヒーから豆コーヒーにデビューするのに、おすすめなのが「ハリオセラミックコーヒーミル」。

アマゾンで2,000円代で買えるし、別のフタが付いているので、挽いた粉を受ける容器がそのまま保存容器として使えます。

これ便利なんですよ。毎朝、仕事の前に会社でコーヒーを淹れますが、かなり時短になりました。

3日分ぐらい挽き置きして使っています。

今日も寄っていただきありがとうございます。まず挽きましょう。

もう1杯おかわりいかがですか

【コスパ最強】手動コーヒーミル ハリオセラミックMSCS-2Bレビュー

コーヒー保存容器はこちら

【長持ち】コーヒー保存容器おすすめはキャニスターで理想はアルミパック

インスタ版every coffee
ビターのおうちカフェ教室


誰でも簡単すぐにできるレシピやおいしいコーヒーの淹れ方をざっくり紹介。細かいめんどくさい事はスルーして、サクっといいカンジにおうちでカフェ気分