コーヒーの起源とは?山火事説のロマンが好き

コーヒーの起源については諸説あるようですが、ぼくが好きな説です。

むかしむかしのある日、エチオピアで山火事が起きました。

火がおさまって、人が山に行くとそこらじゅうに何ともいえないいい香りが充満していました。

「これはなんのにおいだ?」と足元を見てみると、コーヒー豆がたくさん落ちていました。

コーヒーの木になっていた実、もしくは下に落ちてた種が山火事で偶然、焼かれて、いいにおいがするものとして発見されたという説です。

コーヒーのにおいが漂う焼け跡の山っていうのがロマンがあっていいなあ。きっと、こんな感じで焙煎されたコーヒー豆が偶然、発見されたんじゃないかなあ。

「すっげーいいにおいがするコレ何?」「あの実の種を焼くとこんないいにおいがするんだ」「食べてみよっか」「にっげ!ダメぜんぜん食えねえ」「こまかくして、みる?」「水につけてみよっか?」とか、味わおうとして、いろいろやっているうちに、飲めるようになっていったのではなかろうか。

焙煎されたコーヒーのいいにおいが人を引きつけたんだと思うんだよねー。「こんなにいいにおいなんだから、おいしいに違いない、これを味わえないものか!」と、がんばったんだよ、きっと。

そう思うと、「木の実を食べずに種を焼いて、煎じて飲む」という不自然な行為も納得がいくんです。

今日も寄っていただきありがとうございます。コーヒーはロマンだよ。ロマン。

目次

もう一杯おかわりいかがですか

あわせて読みたい
コーヒーを最初に飲んだ人はどんな人だろう? コーヒーの木の原種はエチオピアらしい。 エチオピアの山の高いところにコーヒーの木は鳥などについばまれながら、ひっそりと、はえていたと思う。食料を求めて山に登り...
あわせて読みたい
コーヒーを最初に飲んだ日本人の感想は? 今日のコーヒー本は『珈琲の楽しみ方BOOK』 です。この本からコーヒー豆知識をひとつ。 【コーヒーを最初に飲んだ日本人】 日本人による最初の珈琲試飲記録は1804年の江...
あわせて読みたい
コーヒーの原産地はなぜエチオピアだけなのか? コーヒーの銘柄、生産国って多いですよね。こんなに種類があるんだってカンジでしょう。私も今まで30カ国近くのコーヒーを飲んできました。世界各地で栽培されているコ...

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメント一覧 (2件)

  • はじめまして、いつも楽しく読ませて頂いております。
    ハジ・オマール、カルディ伝説は有名ですが、このようなロマン溢れる話しも存在するのですね。
    今度、誰かに話してみますヽ(*´∀`)ノ

  • コメントありがとうございます。情報伝達がほぼないような時代のことだと思うんで、どの説もあり得てそうだったんだろうなと思います。
    ぜひ誰かに話してみて素敵なコーヒータイムを〜
    ( ´ ▽ ` )ノ

コメントする

目次