スペシャルティコーヒー エチオピア イルガチェフェ ナチュラル G1(ROKUMEI COFFEE CO.)

今日のコーヒーはROKUMEI COFFEE CO.さんの「スペシャルティコーヒー エチオピア イルガチェフェ ナチュラル G1」です。

豆・農園情報
農園名:コンガ農協、 生産者:Yirgacheffe Coffee Farmers Coop.Union
ミル名:MOPLACO TRADING、エリア:イルガチャフィー地区
標高:1,900m、栽培品種:アビシニカ種(エチオピア原種)、プロセス:ナチュラル
焙煎度合:ミディアムロースト
コメント:ストロベリーの甘い香りや熟した果実味と甘さ、シトラス系の明るい酸味やクリーンで爽やかな後味が楽しめます。甘さや酸味といった爽やかさを印象付けるために、焙煎は浅めのミディアムローストで仕上げたフルーティなコーヒーです。
目次

意外と

出ましたイルガチェフ。「フルーティー系コーヒーか」と口に含んだところ苦味、コクもちゃんとある、しっかりコーヒーでした。もちろん、甘さも酸味もあるんですが、それほどでもないかなと。淹れる時の香りはやっぱり花のような香りですが。

味が変わりやすい?

数日後、同じ条件で飲んだら、今度は酸味が強く出ました。その後は「ああイルガチェフだな」というフルーティーな甘味と酸味のおいしいの味に落ち着きました。

「あれ?普通じゃん」と「あっ酸っぱい」っていう酸味の変化の幅がありましたね。豆量、温度、抽出量、計ってますから、ちょっとした違いでしょう。ちょっと抽出技術が要るかもですね。

DSCF9997.jpg

自分の好みの味を

細かな抽出条件でこれだけ味が変化するということは、ま、その分、自分の好みの味にしやすいのかも。逆に適当に淹れて、変化を楽しむとか、抽出器具を変えて、試してみるのもおもしろいかもですね。 ちなみに、妻はこのお試しセットのなかで、イルガチェフが一番好きだと言ってました。

今日も寄っていただきありがとうございます。今回、取り寄せたのはスペシャルティコーヒーのお試しセットです。※お試しセットは期間によって内容が変わるようです。


あわせて読みたい
スペシャルティコーヒー コスタリカ モンテ ブリサス サラカ農園 ナショナルウィナー(ROKUMEI COFFEE CO.) 今日のコーヒーはROKUMEI COFFEE CO.さんの「スペシャルティコーヒー コスタリカ モンテ ブリサス サラカ農園 ナショナルウィナー」です。最近、少しは味がわかるように...
あわせて読みたい
スペシャルティコーヒー インドネシア マンデリン ブルー リントン(ROKUMEI COFFEE CO.) 今日のコーヒーはROKUMEI COFFEE CO.さんの「スペシャルティコーヒー インドネシア マンデリン ブルー リントン 」です。抽出はいつものV60の紙フィルターにDIYバネット...
あわせて読みたい
スペシャルティコーヒー ROKUMEI COFFEE CO. ロクメイ ブレンド 今日のコーヒーはROKUMEI COFFEE CO.さんの「スペシャルティコーヒー ROKUMEI COFFEE CO. ロクメイ ブレンド」です。 【バランスがいい】 コーヒーのお楽しみ全部味わえ...
あわせて読みたい
コーヒーの味がわからない人へ。味がわかるとは違いがわかること たまに「オレ、コーヒーの味わからないから」と申し訳なさそうに言う人と対面します。大丈夫です。私もそうでしたから、お気持ちよくわかります。 コーヒー嫌いで全く飲...

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\YouTube店はニャンコ店長出演/

この記事を書いた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる