DIYでオリジナルコーヒードリッパーを作ってみた

コーヒーのドリップ(透過抽出)は化学的に段理論というものらしいのです。それであるのなら、試験管みたいなのでいいんじゃないかと思いつきました。当ブログのオリジナルのコーヒードリッパーになれば、これはかなりおもしろいぞ!テンションマックスです!!

段理論とは

コーヒー粉の層をお湯が通るとき、注いだお湯が少ないほど段数が多くなり、コーヒー成分も多く抽出されるというものです。なのでポイントはお湯がたまらないようにすること。お湯が貯まると段数が減ってしまいます。点滴の水出しコーヒーが濃いのはこの理論で説明がつくでしょう。おいしいコヒーの淹れ方にお湯を細く注ぐというのも、適当にドバッとお湯を入れるとおいしくないのも、これです。

実験

アクリルのパイプを買ってきて糸ノコで切り、出口に紙フィルターを巻きました。ちょっと直径が小さいですが近所にこれしか売ってなかったので、とりあえずやってみましょう。お湯を注ぎます。

ひろ
げっ上から出てきた

失敗!

短かったようです。コーヒーの膨らみも考慮したつもりですが細いのでそれ以上でしたね。やっぱり直径が小さかった…。仕方ない。これは浸け置きで飲みましょう。

長さ2倍にしました

もうドリッパーとしてはあり得ない形状です。直径が大きいのを買いに行きたいところですが、余りがあるので、リベンジしてみましょう。お湯を注ぎます。

ひろ
げっ溜まってる!抜けが悪い

失敗!

溜まってしまうと、段理論もクソもねえよ。というところですが、出しきって飲んでみました。時間もかかり、ぬるくて、味もおいしくない。出口の紙フィルター部分で抜けが悪いですね。形状的にフラットな底面は抜けが悪いんじゃないかな?

使い捨てのプラスチックコップをカッターで切って、紙フィルターをつけて水の抜け具合を見てみましょう。

なるほど、底がフラットだと水の抜けが悪いですね。この広さでもこの量しか落ちないなら、フラットな底面はナシです。先を細くした方がいいのであれば、ハリオV60のような円錐形になるので、そうなると前回の「every drip」と変わらない。今回は失敗に終わりましたが、そのぶん「every drip」が1杯分ではコストパフォーマンスに優れたベストなカタチだとわかりました。

ビター
発想は良かったし、ドリッパーのビジュアルもおもしろかったけど、残念!でも行動したことが素晴らしい!
今日も寄っていただきありがとうございます。やってみないとわからないことだらけね。

もう一杯おかわりいかがですか

これぞ究極の1杯コーヒードリップの淹れ方「every drip」

2018.11.04

科学的においしいドリップコーヒーの淹れ方のコツがわかった!

2018.11.03

コーヒーの科学「おいしさ」はどこで生まれるかのか 旦部幸博

2018.10.28

世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」


今月は個性的な「ミャンマーのユアガン」です。

ABOUTこの記事をかいた人

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら