THE BRAN「IVORY AB」KIRINYAGA KENYA

今日のコーヒーは、ヨーロッパを代表するロースターのひとつThe Barnのケニア キリニャガ地区のIVORY AB、ウォッシュドです。

The Barnはベルリンのコーヒーラバーで知らない人はいない名店で、以前、直接サンプルコーヒーをいただき、このブログでも紹介しました。今回は「Standart Japan第7号」に付いてたサンプルコーヒーです。

The BarnがHARIO V60ドリッパーを使用したレシピがありますので、それでいただきましょう。詳しいレシピはこちら「Brew it like The Barn!

豆は浅煎り

ああ懐かしい。The Barnって感じの浅くて硬い豆です。最初はお世辞にもおいしそうな見た目じゃなかったから、大丈夫か?って感じでした。豆のはかすかに甘い乾いた香り。

The Barnのレシピで抽出

ハリオV60使用
中挽き16g
お湯95度で250mlを2:30で抽出

●ペーパーフィルターを濡らす
●1投目:30g注いで30秒蒸らす
●2投目:70g注ぎ、お湯がなくなるまで待つ
●3投目:お湯を一回30~50gずつ加えて250ml

IVORY ABの味は

フレーバー特性は「BLACK BERRY, HIBISCUS,RICH」ブラックベリーもハイビスカスもわかる。それが豊かだってことね。

味も香りも風味もわかるし、おいしいけど、ちょい渋みが出て、やや抽出オーバーかな。ちょっと時間がかかった。2:30じゃ落ちんす。私の好みだと、中粗挽きにして、甘味が欲しいところ。The Barnが言う中挽きがどれくらいかで全然違うでしょうね。

濃度を計ってみましょう。なるほど1.2%!

今日も寄っていただきありがとうございます。挽き目も国際標準化して欲しいなあ。

もう一杯おかわりいかがですか

ドイツからコーヒーが届いたよTHE BARNベルリンロースター

2018年2月21日

BRAZIL/FAZENDA UM(THE BARN)

2018年2月25日

GUJI,ETHIOPIA/KAYON MOUNTAIN(THE BARN)

2018年3月3日

every coffeeの掘り出し市


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ひろ

30年以上も飲めなかったコーヒーが飲めるようになったら、豆を挽き、ハンドドリップで淹れ、焙煎をするまでハマってしまった。人生何が起こるかわからないね。詳しくはこちら