【美味】フラワードリッパーでコーヒーに花が咲く

CAFECのフラワードリッパーを購入しました。 なかなかいい買い物だったなと、おすすめなので「 フラワードリッパー 」 の特徴と使い方をコーヒーブログがレビューします。発売している三洋産業はペーパーフィルターなど、コーヒー関連器具を製造販売している会社なんですよ。

ひろ

しっかり味を出しつつ、すっきりとした味で、見た目以上に意外と本格派のドリッパーです

ビター

コーヒーマニアも機能的に納得させて、しかもインスタ映えちゃうよ~  

フラワードリッパーとは

三洋産業が発売したコーヒードリッパーです。三洋産業はコーヒー通な方はご存知でしょう。コーヒーの卸から紙フィルタの製造など、企業や店舗に卸をされていて、有名なところでは「カフェバッハ」さんで使用されているのが三洋産業の台形型ドリッパーだったりします。他にもいろいろ、知る人ぞ知る。コーヒーカンパニーなんですよ。

満を持して一般消費者向けて世に出したドリッパーがこのフラワードリッパーです。

このドリッパーは、コーヒー粉の持つ旨味成分を効率よく引き出すために、中央から外に向かってお湯の流れを作り濾過層を維持しています。

雑味の出る前に手早く抽出し終わるように研究した結果、生まれた理想の形状がこの花びら構造です。上から注ぐ湯量とサーバー(カップ)に溜まる湯量が同じくらいの速度で抽出でき、雑味の少ないコーヒーがお楽しみ頂けます。

CAFECのコンセプト
ひろ

おおお、世界で最初に円すい形コーヒーフィルターペーパーを開発したのが三洋産業だそうです

フラワードリッパーの特徴

とりあえず開けてみましょう。ぱかっとな、おおおお!

ひろ

おおお、うつくしい〜

ドリッパーは有田焼の陶器です。スプーンはプラスチックですが、同色でおしゃれですね。

それではフラワードリッパーの特徴を見ていきましょう。

フラワーリブ

ドリッパー内部のリブを花びら形状にすることで、布フィルターのような膨らみを再現。濾過層を深く維持し、コーヒーのうまみ成分を引き出す事ができます。

底リブ

抽出部分にリブをつけることで、コーヒー液の道を確保し、安定した味に。

円すい形

濾過層が深く、お湯がコーヒー粉全体にながれることにより、なめらかでコクのあるコーヒーを抽出。

ビター

花びら状の溝を触ると意外に深いので、ペーパーフィルターとの間にけっこう空間があるだろうね

フラワードリッパーの使い方

  1. 1杯分の目安10〜12g
  2. 中心から「の」の字を描くように小さく一周、大きく一周全体にお湯を注ぐ
  3. 20〜30秒蒸らす
  4. 表面の膨らみが落ち着いたら、大きく3〜4周お湯を注ぐ

〈ポイント〉
おいしいコーヒーを抽出すると内側に丸いくぼみができ、フィルターは花びらのようなカタチになります。

ビター

フラワードリッパー独自の淹れ方・レシピは特にないみたいですが、公式チャンネルの淹れ方を見ると、ドームを崩さない、水位を下げないタイプのドリップですね

ハリオV60と比べてみた

ハリオV60と比べてみますと、ドリッパー自体の大きさも穴の大きさもほぼ同じですね。

フラワードリッパーを買ったらぜひ一緒に買ってもらいたいのが、三洋産業のペーパーフィルターですね。

こちら非木材・麻の繊維入りのアバカフィルターになります。

アバカ(マニラ麻)は、木材の4倍の強度を持ち、針葉樹の半分の細さのパルプ(繊維)が得られる為、通液性が良くしなやかで丈夫であることが特徴です。当社のアバカフィルターペーパーは、このマニラ麻が含まれております。

CAFECオンラインショップ

ハリオのペーパーフィルターと比べてみましょう。明らかに紙質がちがいますね。

ひろ

おわかりいただけただろうか。アバカのザラッとボコボコした感じを

フラワードリッパー飲み比べてみた

ハリオV60を出したので、せっかくなら飲み比べてみましょう。

コーヒー10gで150mlを抽出します。蒸らしを30秒入れます。

なるべく同じ条件で量と回数を注ぎますが、フラワードリッパーの方がお湯の抜けが早いですね。

注ぐ感覚的なものが結構変わるな。「どうせV60とそんなに変わらないでしょう。」とタカをくくっていたけど、「コレ違う!」って直感的に感じました。

想定外でフラワードリッパーのお湯の抜けが早いので、ちょっと150mlをオーバーしちゃいました。

フラワードリッパーの味は 

ひろ

おおお、これ好き! で、意外とちゃんと味が出てる!
ハリオV60よりもしっかり味が出てるし、同じぐらいすっきりしてる!

ちゃんとしてるって言い方が正しいのかわからないけど、見た目のデザインだけで作ってないってこと。ちゃんとコーヒーの味が出るように設計されていると感じました。

まだ最初の1回ですけど、もっといい味出せそうなポテンシャルを感じます。味わいも好みですし、雑味がなく、深みがあり、注ぎ方を工夫していけば、ミートできそうです。

ビター

ドリッパーの違いもあるだろうけど、ペーパーフィルターの違いも大きいだろうねー

ひろ

ぶっちゃけ最初見たときは、なんかフラワーとかデザインだけで売ろうとしててヤダなあって思ってたんすよ。大したことなかろうと思ってたけど、コレめっちゃいいよ。

実はファイヤーキングのマグカップと合いそうだなあって見た目で、インスタ強化のためにポチったんすよねー

ビター

出た!ブログマーケッター!お前がいちばん浅ましいわ!

まとめ

フラワードリッパーは味もデザインも優れたドリッパー

<使って気づいた点>
●フラワードリッパーはお湯の抜けが早いけど、味もしっかり出す
●アバカフィルターの効果もあるかも

ひろ

「布フィルターのような膨らみ」というように、確かに膨らみがあり、角度が深いのかなというイメージです。ハリオが「V」なら、フラワーは「U」という印象です。

デザインだけじゃなく、構造的、機能的にも優れたドリッパーだと思います

ビター

見た目で判断しちゃいけないってことだね。

あと、大分県別府市の会社が佐賀の有田焼で作ってる商品ですから、九州の人は買うように、わかっちょんよな。

アバカフィルターだけでも試してみたら違うと思うよ

ドリッパーサイズ問題

ハリオV60と違うのは、ドリッパーのサイズが1杯用と2〜4杯用で別れています。

●ハリオV60は1〜2杯用と1〜4杯用の2サイズ展開
●フラワーは1杯用と2〜4杯用の2サイズ展開

この微妙な設定の違い。この記事では1杯用をレビューしています。ハリオ同様に2杯抽出でも使えますが、2杯抽出するなら、2〜4杯用の方が適している気がします。比べたわけじゃないので感覚値です。

もし2杯分を抽出する方が多いのであれば、2〜4杯用のcup4がいいでしょう。カラーバリエーションもcup1同様の展開です。

今日も寄っていただきありがとうございます。ブログの世界も生き残り厳しくてインスタフォローお願いします。

every coffeeオンラインストア


オリジナルコースター、自家焙煎豆、1点もの雑貨、レアものデッドストックなど

2 件のコメント

  • フラワードリッパー、いいですね。プレゼントにもいいですね。ちゃんと仕事をしてくれるようなら見た目もかわいいし、買いですね。

  • たしかに!コーヒーオタクも納得の本格ドリッパーですからプレゼントにもいいですね!すてき!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。