カスカラティーは意外な味!作り方とコーヒーチェリーの効果効能

「カスカラティー」って聞いたことありますか。コーヒーチェリーティーとも呼ばれるように、コーヒーの果実から種をとった状態のものを乾燥させたものになります。アメリカのスターバックスでは「カスカララテ」なるものも販売されたそうで、最近注目されてきています。「カスカラ」とは、どんな味なのでしょうか。取り寄せてみました。

カスカラとは

スペイン語で「籾(もみ)」を意味する「cáscara」からきているそうです。コーヒーの豆をとった後のものなので、日本語の「粕(かす)」と「殻(から)」だと思ったら、スペイン語ですね。もみは実ってことですから、コーヒーの実がどんなのかと言うとコレ。

で、実の中身はこんなカンジ。中の種がコーヒー豆で、周りが皮と果肉。

それを乾燥したのがカスカラというわけです。

カスカラティーとは

コーヒー豆を取り出す際に出るものなので、コーヒーチェリーの果肉や皮の部分は、捨られることがほとんどで、使われるのは肥料にする程度なんですが、生産国によっては、日常的に飲まれているところもあるそうです。
あとカスカラティーもコーヒー同様にカフェインがあるけど、その量はコーヒーの半分しかなく、甘くサクランボの香りがあり、飲みやすいんだそうです。
アメリカのスターバックスでは「カスカラ ラテ」が期間限定で販売さたり、日本でもカスカラを売っているコーヒーショップが増え始めていて注目されてきました。では、飲んでみましょう。

カスカラティーの飲み方

  • カスカラ:8g
  • お湯:180ml(80℃)
  • 時間:約7分
  • ティーポットかフレンチプレスに漬けておく

いたって簡単ではありますが、コーヒーになれてると、8gは意外と多かったり、7分は結構長かったり、ちょっと不安になりますが、大丈夫。コーヒーほど厳密に味に影響するものじゃないので、放っておきましょう。

できた!

カスカラティーの味は

!!!!!!!!!!!!!!!これは意外!

まず、これはコーヒーチェリーの味とはちょっと違う。私は生のコーヒーの実も食べたことがあるので、生の実はもっと青くささがありました。(過去記事

それよりも、もっと近いものがあって、それは第一印象でコレと思った味は、

コーヒーの葉のお茶!

「なにそれ?」と思った方は(過去記事)コーヒーの葉のお茶がいちばん近いです。酸味はなくて、甜茶みたいなほんのり甘い味。

さらにカスカラは食べられるとも書いてあったので、つまんでみましたが、おいしくはないね。

カスカラティーまとめ


カスカラティーはほんのり甘い。

めちゃめちゃおいしいわけでもなく、飲めないほどまずいわけでもない。ビミョーかな。砂糖入れたりして、炭酸で割るとかアレンジすれば、おいしくはなるでしょうね。
ただ、コーヒーとは全く別物ですね、当たり前ですけど。何かおいしいコーヒーの味があるんじゃないかと期待して飲むとがっかりするでしょう。この商品の魅力は希少性と興味。「珍しいから飲んでみたい」と思うかどうか。「飲んでみた」という経験が1回あればいいと思いますし、コーヒーの果実を味わいたい人にはカスカラティーおすすめです。ほんのりした甘さは果実の味に近いので、飲んでみる価値はあります。コーヒーの果実(コーヒーチェリー)も、コーヒーの葉も、ほんのり甘いので、ぜひ味わってください。「コーヒーってこういう植物の種なんだ」とコーヒー知識と経験を得たい人向け。

今日も寄っていただきありがとうございます。そうだ今月の自家焙煎コーヒーにおまけでつけよう。

世界のコーヒーに出合う旅「ワールドコーヒーツアー」


エメラルドマウンテン先着5名にコースタープレゼント